CD 輸入盤

ニコライ・ゴロワノフ&モスクワ放送交響楽団/ラフマニノフ、ムソルグスキー、チャイコフスキー、ベートーヴェン、ワーグナー、他(6CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALTB547
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

きわめつきの怪演
ゴロワノフ怒涛の壮絶演奏5タイトルをまとめた数量限定セット!


「ALTUS」から発売されているゴロワノフのCD5タイトルを、単売パッケージそのままにクラフト調の三方背ケースに収めた数量限定セットです。ムラヴィンスキーと対を成すロシアのカリスマにして強烈な爆演で知られる伝説的指揮者ニコライ・ゴロワノフ[1891-1953]の脳も灼けつく怒涛の大演奏、異様なまでの大迫力をとことんお楽しみください。

【ALT495】
「(ラフマニノフの)交響曲第2番では冒頭から異様に太くたくましい音の塊が出現し、第2楽章も終始オーケストラが乱れるほど熱くなっている。第3楽章はロシアのセンチメンタリズム満開、第4楽章の粗野な盛り上がりもゴロワノフならではである」〜平林直哉氏の解説より

【ALT496】
「《展覧会の絵》では冒頭の脂ぎったトランペットから早くも金管楽器が爆発。さらに独自のカットや打楽器の追加をし、曲を完全にゴロワノフ調に塗りつぶしている」「《1812年》も凄い。開始して間もなく最初に盛り上がるところがあるが、そこからしてすでに正気ではない」〜平林直哉氏の解説より

【ALT497】
ボロディンは言わずと知れた大名演。暴れまわるオーケストラ、超弩級の激しさと張り裂けんばかりの歌、人類の表現しうる限界を感じさせない激烈な音楽が大展開されます。冒頭の主題提示からゴロワノフも気合十分、「ダッダッダッダッ…」と野太く叫ぶように歌っております。終楽章の天を衝くハイテンションなどとんでもない代物。終始ありったけのエネルギーが注ぎ込まれた唯一無二の超絶演奏です。

【ALT498】
ベートーヴェンの1番はこんな演奏が可能だったのかと度肝を抜かれます。序奏のたっぷり濃厚な歌と、そのなかから時折フォルテで奏される和音の立ち上がりのスピード! 殻を突き破って主部に入るとテンションが爆発、怒涛の音楽となります。しかし第2主題でぐっとブレーキを踏みこむなど音楽作りには抜かりなし。あらゆる仕掛けの嵐に吹き飛ばされそうな名演です。

【ALT499】
「《リエンツィ》は序奏の重心の低い、そして色でいうとドス黒いような響きが何とも言えない。主部は酩酊した連中が大騒ぎしたかのようなお祭状態で、その熱狂と興奮は凄い。《マイスタージンガー》も最初のフレーズからして異常で、金管楽器の各奏者が野獣のようにわめいているようにも思える。そして中間部の濃厚な歌、そして最後の大きな緩急と、まさにやりたい放題である」〜平林直哉氏の解説より(販売元情報)

【収録情報】


『ALT495』
ラフマニノフ:

● 交響曲第2番ホ短調 Op.27(録音:1953年5月25日)
● 交響的舞曲 Op.45〜第1楽章、第3楽章(録音:1949年6月17日)
『ALT496』
ムソルグスキー:

● 組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編)(録音:1953年3月24日)
● ポロネーズ(歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』より)(録音:1950年6月7日)
● モスクワ河の夜明け(歌劇『ホヴァンシチナ』前奏曲)(録音:1947年10月17日)

チャイコフスキー:
● 序曲『1812年』 Op.49(録音:1948年2月7日)
『ALT497』
● ボロディン:交響曲第2番ロ短調『勇士』(録音:1947年)
● R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番変ホ長調 Op.11(録音:1952年4月4日)

 ヤコフ・シャピロ(ホルン:Op.11)
『ALT498』
ベートーヴェン:

● 『エグモント』 Op.84〜序曲(録音:1951年12月13日)
● 交響曲第1番ハ長調 Op.21(録音:1948年11月12日)

リスト:
● 交響詩『オルフェウス』 S.98(録音:1952年)
● 交響詩『ハンガリー』 S.103(録音:1953年)
『ALT499』
ワーグナー:管弦楽作品集

Disc1

● 『さまよえるオランダ人』序曲(録音:1951年12月16日)
● 『リエンツィ』序曲(録音:1951年12月13日)
● 『タンホイザー』序曲(録音:1951年11月14日)
● 序曲『ファウスト』(録音:1947年)

Disc2
● 『トリスタンとイゾルデ』前奏曲と愛の死(録音:1950年10月3日)
● 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲(録音:1951年12月16日)
● 『パルジファル』前奏曲(録音:1951年)
● 『パルジファル』聖金曜日の奇跡(録音:1948年)

 モスクワ放送交響楽団
 ニコライ・ゴロワノフ
(指揮)

 録音方式:モノラル
 限定生産
 国内製作
 日本語帯・解説付き

内容詳細

〈アトラス〉から出ているゴロワノフのCD5タイトルをそのままセットしたもの。テンポ、ダイナミズム、間合い、などなど超個性的な指揮で知られるゴロワノフの「血演集」だ。タイトルに負けない怪演が堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品