CD 輸入盤

エルネスト・アンセルメ〜モノ・イヤーズ(26CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4851584
組み枚数
:
26
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


生誕140周年記念。スイスの名指揮者による録音遺産
『The Stereo Years』に続くモノラル録音集。CD26枚組ボックス・セット


2023年11月に生誕140年を迎えるスイスの名指揮者、エルネスト・アンセルメ[1883-1969]。その膨大な録音遺産から既発売の『The Stereo Years』に続く、モノラル録音を集大成した『The Mono Years』が発売されます。CD26枚組ボックス・セット。限定盤。
 アンセルメは指揮者としてだけでなく、哲学者、数学者、作曲家でもあり、音楽の世界で特別な存在でした。ドビュッシー、ラヴェル、ルーセル、ストラヴィンスキーなどの作曲家とは友人でもありました。このセットにはそれらの作曲家のほか、オネゲル、フランク・マルタン、バルトーク、プロコフィエフなど、1929年から1955年にかけてデッカに行われたすべての録音が収められています。
 最初に収録されているのはデッカ・レーベルが設立された1929年に、ロンドンの音楽家たちにより特別に結成された「Decca String Orchestra」と録音したヘンデルの合奏協奏曲です。そして「ffrr」技術を導入し、クラシック録音界に強い影響力を持つ存在として信頼を確立したデッカ・レーベルのスタジオに、アンセルメは1946年に戻り、その後最も多くの録音を行った指揮者のひとりとなりました。録音はステレオ時代まで続き、1968年にデッカへの最後の録音(ストラヴィンスキーの『火の鳥』)を行いました。特に親しい友人であり、同僚であったストラヴィンスキーの音楽は、『火の鳥』のほか『詩篇交響曲』『春の祭典』『エディプス王』などこのセットに幅広く取り上げられており、そのすべてが当時のメディアから熱烈に歓迎されました。また個人的な知り合いで一緒に仕事をした作曲家であるラヴェルの『左手のためのピアノ協奏曲』には2つの録音(1949年と1953年)があります。また『ダフニスとクロエ』の1952年の歴史的な録音は初CD化です。リャードフが管弦楽編曲したムソルグスキーの『ソロチンスクの定期市』からの『ゴパック』はモノラルとステレオの2つの録音があります。ステレオ録音は「ロンドン」(アメリカ・デッカ)のステレオLPのために行われましたが、そのアルバムは発売されず、テスト・プレスのみが残されていました。今回が世界初のリリースとなります。
 新規デジタル・リマスタリング。オリジナル・ジャケット仕様。

「非常に活動的で生産的な時代に生きることができて私は幸運でした」(エルネスト・アンセルメ)

※録音全集と謳っている商品の中にも、稀に音源が漏れているものもございますこと、予めご了承ください。(輸入元情報)


【収録情報】
Disc1
● ヘンデル:合唱協奏曲 Op.6より

 第2番ヘ長調 HWV.320
 第3番ホ短調 HWV.321
 第4番イ短調 HWV.322
 第6番ト短調 HWV.324
 第10番ニ短調 HWV.328
 第12番ロ短調 HWV.330

 Decca String Orchestra
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1929年9月、ロンドン
Disc2
1. ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲ニ短調 RV.481
2. マルチェッロ:オーボエ協奏曲ハ短調
3. ヘンデル:オルガン協奏曲第1番ト短調 HWV.289
4. ヘンデル:オルガン協奏曲第2番変ロ長調 HWV.290


 アンリ・エラール(ファゴット:1)
 ロジャー・リヴァーシー(オーボエ:2)
 ジャンヌ・ドゥメッシュー(オルガン:3,4)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1952年4月(1)、10月(3,4)、1951年10月(2)、ジュネーヴ
Disc3
モーツァルト:
1. 交響曲第38番ニ長調 K.504『プラハ』
2. エクスルターテ・ユビラーテ K.165
3. セレナード第10番変ロ長調 K.361『グラン・パルティータ』

 ジャニーヌ・ミショー
(ソプラノ:2)
 スイス・ロマンド管弦楽団(1,3)
 パリ音楽院管弦楽団(2)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1949年(1)、1955年5月(3)、ジュネーヴ、1948年5月、パリ(2)
Disc4
1. ハイドン:交響曲第101番ニ長調 Hob.I:101『時計』
2. シューマン:歌劇『ゲノヴェーヴァ』序曲 Op.81
3. シューマン:交響曲第1番変ロ長調 Op.38『春』

 スイス・ロマンド管弦楽団
(1,3)
 パリ音楽院管弦楽団(2)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1949年7月(1)、1951年3月(3)、ジュネーヴ、1948年6月、パリ(2)
Disc5
1. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
2. シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129
3. チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 Op.33

 ディヌ・リパッティ
(ピアノ:1)
 モーリス・ジャンドロン(チェロ:2,3)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1950年2月/ライヴ(1)、1953年11月(2,3)、ジュネーヴ
Disc6
1. ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
2. リムスキー=コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』 Op.35

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
(1)
 パリ音楽院管弦楽団(2)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1948年6月、ロンドン(1)、1948年5月〜6月、パリ(2)
Disc7
リムスキー=コルサコフ:
1. 歌劇『金鶏』より(序奏/婚礼の行列)
2. 歌劇『金鶏』組曲
3. スペイン奇想曲 Op.34

ムソルグスキー:
4. 歌劇『ソロチンスクの定期市』より『ゴパック』(モノラル)
5. 歌劇『ソロチンスクの定期市』より『ゴパック』(ステレオ)

 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1947年2月(1)、1952年10月(2,3)、1955年10月(4,5)、ジュネーヴ
Disc8
1. ヴィラ=ロボス:ピアノ協奏曲第1番
2. ショパン:ピアノ協奏曲第2番ヘ短調 Op.21

 エレン・バロン
(ピアノ)
 スイス・ロマンド管弦楽団(1)
 ロンドン交響楽団(2)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1949年6月、ジュネーヴ(1)、1950年7月、ロンドン(2)
Disc9
ラヴェル:
1. 道化師の朝の歌
2. ラ・ヴァルス
3. 歌曲集『シェエラザード』

ドビュッシー:
4. 交響詩『海』
5. 小組曲

 シュザンヌ・ダンコ
(ソプラノ:3)
 スイス・ロマンド管弦楽団(1,4)
 パリ音楽院管弦楽団(2,3,5)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1947年2月、ジュネーヴ(1,4)、1947年10月、ロンドン(2)、1948年5月(3)、6月(5)、パリ
Disc10
1. レスピーギ:バレエ組曲『風変わりな店』
2. ファリャ:バレエ音楽『三角帽子』
3. ラヴェル:ステファヌ・マラルメの3つの詩

 シュザンヌ・ダンコ
(ソプラノ:2,3)
 ロンドン交響楽団(1)
 スイス・ロマンド管弦楽団(2,3)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1950年7月、ロンドン(1)、1952年5月(2)、1954年11月(3)、ジュネーヴ
Disc11
1. ドビュッシー:管弦楽のための映像
2. ラヴェル:歌劇『スペインの時』全曲

 シュザンヌ・ダンコ
(ソプラノ:2)
 ポール・ドゥレヌ(テノール:2)
 ミシェル・アメル(テノール:2)
 ハインツ・レーフス(バリトン:2)
 アンドレ・ヴェシエール(バス:2)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1949年6月(1)、1953年5月(2)、ジュネーヴ
Disc12-13
● ドビュッシー:歌劇『ペレアスとメリザンド』全曲

 シュザンヌ・ダンコ
(ソプラノ)
 フローレ・ウェンド(メゾ・ソプラノ)
 エレーヌ・ブヴィエ(メゾ・ソプラノ)
 ピエール・モレ(バリトン)
 ハインツ・レーフス(バリトン)
 デリク・オルセン(バリトン)
 アンドレ・ヴェシエール(バス)
 スイス・ロマンド放送合唱団
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1952年4月、ジュネーヴ
Disc14
ラヴェル:
1. 左手のためのピアノ協奏曲ニ長調
2. 左手のためのピアノ協奏曲ニ長調
3. ピアノ協奏曲ト長調

 ジャクリーヌ・ブランクール
(ピアノ)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1949年6月(1)、1953年6月(2,3)、ジュネーヴ
Disc15
1. ドビュッシー:夜想曲
2. ラヴェル:スペイン狂詩曲
3. ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
4. ラヴェル:クープランの墓


 女声合唱(団体名不詳:1)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1951年10月(1,2)、1953年6月(3,4)、ジュネーヴ
Disc16
● ラヴェル:バレエ音楽『ダフニスとクロエ』全曲


 ジュネーヴ・モテット合唱団
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1952年10月、ジュネーヴ
Disc17
1. ドビュッシー:交響詩『海』
2. ラヴェル:組曲『マ・メール・ロワ』
3. ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
4. ストラヴィンスキー:若い象のためのサーカス・ポルカ
5. ラヴェル:道化師の朝の歌
6. プロコフィエフ:組曲『3つのオレンジへの恋』より行進曲

 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1951年3月(1,2,4)、10月(3,5,6)、ジュネーヴ
Disc18
1. プロコフィエフ:交響曲第6番変ホ長調 Op.111
2. ビゼー:交響曲ハ長調

 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1951年10月(1)、1953年3月(2)、ジュネーヴ
Disc19
1. プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調 Op.25『古典交響曲』
2. グリンカ:歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲
3. ボロディン:交響詩『中央アジアの草原にて』
4. ムソルグスキー:交響詩『禿山の一夜』
5. ドビュッシー:バレエ音楽『遊戯』
6. ドビュッシー:6つの古代碑銘

 パリ音楽院管弦楽団
(1-4)
 スイス・ロマンド管弦楽団(5,6)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1953年6月、パリ(1-4)、1953年10月、ジュネーヴ(5,6)
Disc20
1. バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 Sz.119
2. プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番ハ長調 Op.26
3. マルタン:ヴァイオリン協奏曲

 ジュリアス・カッチェン
(ピアノ:1,2)
 ヴォルフガング・シュナイダーハン(ヴァイオリン:3)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1953年10月(1,2)、1955年5月(3)、ジュネーヴ
Disc21
1. マルタン:小協奏交響曲 Op.54
2. ストラヴィンスキー:バレエ音楽『妖精の口づけ』からのディヴェルティメント
3. サン=サーンス:交響詩『死の舞踏』 Op.40
4. サン=サーンス:交響詩『オンファールの糸車』 Op.31
5. シャブリエ:楽しい行進曲
6. ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
7. シャブリエ:狂詩曲『スペイン』


 ピエール・ジャメ(ハープ:1)
 ジェルメーヌ・ヴォーシェ=クレール(チェンバロ:1)
 ドリス・ロシオー(ピアノ:1)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1951年3月(1,2)、1952年10月(3-7)、ジュネーヴ
Disc22
1. ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲『展覧会の絵』
2. ラヴェル:ラ・ヴァルス
3. ラヴェル:ボレロ
4. オネゲル:パシフィック231
5. デュカス:交響詩『魔法使いの弟子』

 スイス・ロマンド管弦楽団
(1)
 パリ音楽院管弦楽団(2-5)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1953年10月、ジュネーヴ(1)、1953年6月(2)、1954年9月(3-5)、パリ
Disc23
1. ブロッホ:交響詩『荒野の叫び』
2. ブロッホ:シェロモ
3. オブシエ:アンティゴネー
4. ガイザー:交響曲ニ短調 Op.44

 ザラ・ネルソヴァ
(チェロ:1,2)
 エルザ・カヴェルティ(コントラルト:3)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(1,2)
 スイス・ロマンド管弦楽団(3,4)
 エルネスト・アンセルメ(指揮)

 録音:1955年3月、ロンドン(1,2)、1954年11月(3)、1955年5月(4)、ジュネーヴ
Disc24
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『ペトルーシュカ』(1911年版)
2. 組曲『火の鳥』(1919年版)
3. 詩篇交響曲


 ロンドン・フィルハーモニー合唱団(3)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1946年12月(1,2)、1947年10月(3)、ロンドン
Disc25
ストラヴィンスキー:
1. バレエ音楽『ペトルーシュカ』(1911年版)
2. バレエ音楽『春の祭典』

 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1949年11月(1)、1950年10月(2)、ジュネーヴ
Disc26
ストラヴィンスキー:
1. 組曲『火の鳥』(1919年版)
2. オペラ=オラトリオ『エディプス王』

 エルンスト・ヘフリガー
(テノール:2)
 エレーヌ・ブヴィエ(メゾ・ソプラノ:2)
 ジェイムズ・ルーミス(バス・バリトン:2)
 アンドレ・ヴェシエール(バス:2)
 ポール・パスキエ(ナレーター:2)
 ブラッシュ合唱団(2)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 エルネスト・アンセルメ
(指揮)

 録音:1950年10月(1)、1955年5月(2)、ジュネーヴ


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このボックスを購入された皆様はステレオ・...

投稿日:2024/02/07 (水)

このボックスを購入された皆様はステレオ・イヤーズもお持ちかと存じます。 ステレオ・イヤーズに比べるとあまりのCPの低さに購入を躊躇(我ながらセコイ)していた私ですがステレオ・イヤーズを持っていてモノ・イヤーズを購入しないなんて漢じゃない(フェミから苦情が来そう)と思い直し入手しました。古のデッカならではの野太い音質、スカスカしない骨太の音質で所持出来た事を嬉しく思います。60歳代以上の皆様は聴いていて安心感、安定感、懐かしさを感じられる音質ではないでしょうか。CD1のヘンデルなど雑音も皆無。95年前の録音とは思えない音質です。また、シュザンヌ・ダンコ(パパ・クライバー〜ウィーンフィルのフィガロに於けるケルビーノが素晴らしい!)とアンセルメの多くの競演が聴ける事も特筆できます。モノ・イヤーズが廃版になったら再販は無いかもしれません。アンセルメがお好きであれば是非。紙ジャケットの紙質も上々でオリジナル・ジャケットの印刷も綺麗です。

小市民 さん | 静岡県 | 不明

3

おすすめの商品