CD 輸入盤

Let It Be

Beatles (ビートルズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3824722
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
コピーライト
:
(C) Apple Corps Ltd.
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

The classic original Beatles studio albums have been re-mastered by a dedicated team of engineers at Abbey Road Studios in London over a four year period utilizing state of the art recording technology alongside vintage studio equipment, carefully maintaining the authenticity and integrity of the original analogue recordings. The result of this painstaking process is the highest fidelity The Beatles catalogue has seen since it's original release. Within each CD's new packaging, booklets include detailed historical notes along with informative recording notes.

収録曲   

  • 01. Two Of Us (03:36)
  • 02. Dig A Pony (03:54)
  • 03. Across The Universe (03:48)
  • 04. I Me Mine (02:25)
  • 05. Dig It
  • 06. Let It Be (04:03)
  • 07. Maggie Mae
  • 08. I've Got A Feeling (03:37)
  • 09. One After 909 (02:55)
  • 10. Long And Winding Road (03:37)
  • 11. For You Blue (02:32)
  • 12. Get Back (03:07)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
45
★
★
★
★
☆
 
16
★
★
★
☆
☆
 
8
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
レコードで買ったときは見開きだった。イギ...

投稿日:2014/12/19 (金)

レコードで買ったときは見開きだった。イギリスはこうだったの?ブートの紙ジャケットはちゃんと見開きになっていたのだが。中身は酒粕のようなものだ。もしくは腐っても鯛。

聖オーガスティン さん | IRELAND | 不明

3
★
★
★
★
★
ファーストは、ビートルズの素の力が光り輝...

投稿日:2014/11/30 (日)

ファーストは、ビートルズの素の力が光り輝く「ノーメイク」のアルバムだったが、それに立ち返ろうとしたが、反対に「メイクギトギト」のアルバムになっている。スペクターが一生懸命に塗り直しても(その手腕は見事!)ツギハギが全部見える。ビートルズの「良くないところ」が曝け出されてしまっている。その意味では本人達の最初のアイデア通りだが、ふと素に帰ると「こんなもん、ダメだ」になったのだろう。本人達は全く乗り気でなかったに違いない。しかし、1970年にかけてやり直しの録音が続けられており、やはりいたってマジメ、誠実な人達だったのだ。この空気感が音に反映しており、その人工的な肌触りを含めアルバムは聴き所が多い。映画の方は、画質だけなら何とかなるかもしれないが、あのままだったらやっぱり退屈な内容だと思う。大胆な未公開映像の追加でもしないと・・だけど蛇に足を描くことになるのかも。リハーサルの音声は、記録程度なのでリマスターできないと思います。やっぱりDVDとかは簡単には出ないかもね。今だらだらと作業中らしいけど。

TATSU さん | 島根県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ヘルプとかYeh!とかもう見飽きてどーでもい...

投稿日:2014/11/30 (日)

ヘルプとかYeh!とかもう見飽きてどーでもいい!!!映画Let It Beを早くDVD化してくれ!死ぬまでに、オフィシャルで見れねーかもしれねーじゃんな!

のりぶー さん | 宮城県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Beatles

「20世紀における最も偉大な(影響力を誇った)音楽家は?」―という問いにビートルズの名を挙げる人は少なくないだろう。実際、ロック史上というよりも、20世紀の音楽史における最も重要な存在とさえ言える彼ら。”単なるロック・ファン”の筆者が書く本稿が”等身大のビートルズ”への入り口になれたら良いと思います。

プロフィール詳細へ

Beatlesに関連するトピックス

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト