Antonio Carlos Jobim

Antonio Carlos Jobim (アントニオ・カルロス・ジョビン)

Antonio Carlos Jobim | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

20世紀、ブラジルが生んだ偉大なる作曲家、詩人であるAntonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)(本名:アントニオ・カルロス・ブラジレイロ・ジ・アルメイダ・ジョビン)、人々は親しみを込め彼のことをTom Jobim(トム・ジョビン)と呼ぶ。

関連商品

商品ユーザーレビュー

80件

すべてのユーザーレビューを見る(80件)

  • レコ−ドもCDも持っている。ジョビンを語るにはなく...

    投稿日:2018/04/11

    レコ−ドもCDも持っている。ジョビンを語るにはなくてはならない。なによりも重要なのは、編曲、指揮のクラウス・オッガ−マンの素晴らしさを挙げる。 ボサノバはこれなくしては語れない。

    furunoken さん |60代

    1
  • この素晴らしいコンピレーション・アルバムの曲目を記...

    投稿日:2017/08/03

    この素晴らしいコンピレーション・アルバムの曲目を記させて頂きます。()内は、オリジナルアルバムのタイトルです。 Disc1「Beach Side」 1.「Wave」(Antonio Carlos Jobim「Wave」) 2.「The Girl From Ipanema」(Stan Getz・Joao Gilberto「Getz / Gilberto」) 3.「Samba Do Aviao」(Os Cariocas「A Bossa Dos Cariocas」) 4.「Agua De Beber」(Astrud Gilberto「The Astrud Gilberto Album」) 5.「Desafinado」(Antonio Carlos Jobim「The Composer of Desafinado , Plays」) 6.「Este Seu Olhar / So Em Teus Bracos」(Lucio Alves・Sylvia Telles「Bossa Session」) 7.「So Tinha De Ser Com Voce」(Dorival Caymmi・Antonio Carlos Jobim「Caymmi Visita Tom」) 8.「Vivo Sonhando」(Stan Getz・Joao Gilberto「Getz / Gilberto」) 9.「Surfboard」(Orchestra「Garota De Ipanema、Original Soundtrack」) 10.「A Felicidade」(Sylvia Telles「Amor De Gente Moca」) 11.「Lamento」(Antonio Carlos Jobim「Wave」) 12.「So Danco Samba」(Wanda De Sah「Softly!」) 13.「Samba De Uma Nota So」(Os Cariocas「A Bossa Dos Cariocas」) 14.「Triste」(Antonio Carlos Jobim「Wave」) 15.「O Amor Em Paz (Once I Loved)」(Toninho Horta「Once I Loved」) 16.「Piano Na Mangueira」(MPB4・Quarteto Em Cy「Bate- Boca As Musicas de Tom Jobim e Chico Buarque」) 17.「Chega De Saudade」(Antonio Carlos Jobim「The Composer of Desafinado , Plays」) Disc2「Forest Side」 1.「Chovendo Na Roseira」(Elis Regina・Antonio Carlos Jobim「Elis & Tom」) 2.「Passarim」(Antonio Carlos Jobim「Passarim」) 3.「Insensatez」(Antonio Carlos Jobim「The Composer of Desafinado , Plays」) 4.「Luiza」(Antonio Carlos Jobim「Passarim」) 5.「Olha Maria」(Chico Buarque「Construcao」) 6.「Cronica Da Casa Assassinada」(Tom Jobim「Matita Pere」) 7.「Choro(Garoto)」(Goro Ito・Jacques Morelenbaum「RENDEZ-VOUS IN TOKYO」) 8.「O Grande Amor」(Goro Ito with Jaques Morelenbaum・Ryuichi Sakamoto「Getz / Gilberto +50」) 9.「Eu Te Amo」(Telma Costa・Chico Buarque「Vida」) 10.「Dindi」(Sylvia Telles「Amor Em Hi-Fi」) 11.「Correnteza」(Boca Livre「Personalidade」) 12.「Sabia」」(MPB4・Quarteto Em Cy「Bate- Boca As Musicas de Tom Jobim e Chico Buarque」) 13.「Aguas De Marco」(Elis Regina・Antonio Carlos Jobim「Elis & Tom」) 冒頭を飾る「Wave」が全てを物語るように、Antonio Carlos Jobimの癒しの世界には、何ものにも代えがたいものがあります。 2枚組のうち、Disc1は、ボサノヴァの定番曲で占められています。Jobimの、いやボサノヴァのファンならお馴染みの曲ばかりと思いますが、我国ではそれほどポピュラーとは言えないToninho HortaやMPB4、Quarteto Em Cy達の歌声を聴けるのは貴重。 Disc2は、渋い雰囲気の曲が収められています。ボサノヴァというより、ブラジル発「大人の音楽」とでも呼びたいような・・。 そして、中原仁による選曲の素晴らしさは、Disc2「Forest Side」にこそあると思います。 Jobim自らが歌う曲の魅力を再認識させてくれるのも「Forest Side」の特徴。Jobimの歌は決して上手いとは言えないまでも、深みがあり、音楽、そして自然を愛する者にしか表現できない優しさが込められている。 また、伊藤ゴローの卓越したギターテクニックが光る「Choro (Garoto)」「O Grande Amor」は、ボサノヴァに新たな息吹をもたらしており、このコンピレーションの白眉となっています。 Disc1がJobimの手になるインストゥルメンタルの代表曲「Wave」で始まり「Chega De Saudade」で終わる構成、Disc2がJobimとElis Reginaのデュエットによる名曲「Chovendo Na Roseira」で始まり「Aguas De Marco」で終わる構成というのも心憎い。 Disc1が全17曲、約50分。Disc2が全13曲、約52分。 始めてボサノヴァに触れる方はもちろん、コアなファンにも楽しんで頂けるコンピレーションだと思います。

    hiro さん

    0
  • 冬の海を眺めながら車で聴く。”Medo de Amar”には過...

    投稿日:2011/02/20

    冬の海を眺めながら車で聴く。”Medo de Amar”には過去を思い出して感傷的になる。

    NOBO さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、Antonio Carlos Jobim (アントニオ・カルロス・ジョビン) のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%