CD

Sextet

A Certain Ratio (ア サーテンレイシオ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIRD2011
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ
追加情報
:
紙ジャケット仕様

商品説明

マーティン・ハネットのもとを離れ、セルフ・プロデュースにより本来の彼らのサウンドを堪能できるセカンド・アルバム。新メンバーに女性ヴォーカルを加えた初期の代表作。テクニックの向上もさることながら、ファンク、ダブ、テープ・ループを駆使したクールなファンク・サウンドは聴く者を覚醒させる。未発表ライブ3曲収録。

収録曲   

  • 01. Lucinda
  • 02. Crystal
  • 03. Gum
  • 04. Knife Slits Water
  • 05. Skipscada
  • 06. Day One
  • 07. Rub Down
  • 08. Rialto
  • 09. Below the Canal
  • 10. Tumba Rhumba
  • 11. Skipskada
  • 12. Knife Slits Water

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2014年のリイシューのボーナストラックに、...

投稿日:2014/11/13 (木)

2014年のリイシューのボーナストラックに、12inchシングルだった「Funaezekea」が収録。デジタル音源化されたのは初めてかも。この不穏で緊張感の高いサウンドは、当時のA Certain Ratioだけがもっていた貴重な世界。また、ジョン・ピールセッションの未発表ライブ音源は、おそらくSextetのレコーディングメンバーが揃って演奏しているものと思われます。これほど録音のいい1980年代のA Certain Ratioのライブ音源は初めて聴きました。いままでのリイシュー盤を持っていたとしても、2014年盤にはそれを超える独自の貴重な価値があります。

たじま さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
初期は1枚1枚が重要。渋谷あたりのレコ屋で...

投稿日:2004/07/28 (水)

初期は1枚1枚が重要。渋谷あたりのレコ屋ではどの店もフィーチャーされてますが、正しい傾向だと思います。いま改めてトレンディーな1枚。

IOU さん | 茨城 | 不明

0
★
★
★
★
★
タイム・ラグで考えるとこの時期は恐らく第...

投稿日:2004/07/01 (木)

タイム・ラグで考えるとこの時期は恐らく第三期と呼べるのでは?第一期は既に「墓場とダンス・ホール」の頃に終結していると。細かい事はともかく、再度書くが楽曲のクオリティ、ミックス、演奏技術がメンタリティと唯一合致した、と思わせる何か。これ以降急激に、その存在意義を喪失していく混乱度合いも熟して心地よい。

暴走 さん | TYO | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

A Certain Ratio

このバンドは70年代後期のポスト・パンク勃興期、その当時のカルチャーやムーブメントを代表する存在であるが、サウンド的には同時期のどのバンドとも違うサウンドで決してその中で群れることはなかった。1978年に結成し、そのキャリアを通して様々なメンバーが在籍したが、コアとなるラインナップはジェレミー・・・

プロフィール詳細へ

A Certain Ratioに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品