臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート 朱色の研究 I 新装版 あすかコミックスdx

麻々原絵里依

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041208946
ISBN 10 : 4041208947
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
197p;19

内容詳細

彼が足を踏み外しそうになったとき、俺が引きとめてやりたい――

臨床犯罪学者・火村英生と、推理作家・有栖川有栖の名コンビが未解決事件の解明に挑む!!収録作品「朱色の研究 夕陽丘殺人事件」

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • すい さん

    オレンジ恐怖症かぁ〜。私はオレンジがとっても好きなのでよくわからないけれど、夕日から逃げ続ける一生は辛いな。殺人現場の入れ替えトリックはありがちだけどなかなかな代物。でも、まだまだ序盤。解決編が楽しみです。

  • 瑞佳 さん

    火村氏はともかく、ほんまにここのアリスはやけに可愛くてかっこ良くて、わたし的にはズッコケる(え゛っ?)。物書きよかモデルでじゅうぶん食ってけるんじゃね?ってくらい。そもそもわたしの愛するアリスはなんちゅうかそのもうちょっとイケてないというかおっさんぽいというか…(まあそれはいい)。夕陽丘でのエレベータートリックは、友人たちとノリノリで検証してみたい衝動にカラレル。楽しそう。わたしは森下くんがわりとお気に入りなので活躍してくれるとうれしい。いかにも推理物らしく文字が多めで、ひじょうに読み応えのあるコミック。

  • みや@桃色日和 さん

    前編となるIは、マンションでの殺人事件が描かれる。印象深いトリックだったので、鮮明に覚えていた。小説の時も思ったが、ゼミ室で火村先生と二人きりという朱美ちゃんのシチュエーションが羨ましすぎて仕方ない。しかも、適度に厳しく適度に優しい絶妙な距離感が最高に良すぎる。白衣的なものを羽織っている火村先生もかっこよかった。一方で「HOTCAKE」や「Dogs」など、アリス先生の斬新なトレーナーも愛らしい。朱美ちゃんとも可愛くて好き。

  • まゆまゆ さん

    原作も読んだしドラマも観たし、と言うことでマンガ版です\(^o^)/ 2冊に分かれているうちの1冊目。なのでまだまだ序章で、ドキドキです。(全部知ってるけど^^;)朱美ちゃんとの関係をアリスにいじられまくって怒る火村がよかった(笑) 2巻もまとめて買ってきてるので、さあさあ次へ〜♪

  • 陸抗 さん

    火村教授のもとに飛び込んだ、二年前の事件の依頼。それと平行して、新たに起きた殺人事件。マンションに呼び出され、犯人に踊らされたある人物の容疑が晴れたところで終わってしまった。これは続きも読まないと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品