世界の怪奇民話 6

高橋彦明

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566055551
ISBN 10 : 4566055558
フォーマット
出版社
発行年月
1983年08月
日本
追加情報
:
20cm,228p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 夜間飛行 さん

    夫婦が釣りに行って人魚を見つけ、夫は逃がしてやろうとしたのに妻が連れ帰ったため、夫と子供のいる家が海に呑まれてしまう。この話で奇妙なのは張本人の妻だけ助かる所だ。人魚のせいで災難に遭うのは男の役割という事なのか。別の民話では、夜の海で男達が人魚の声に誘われて船を漕ぐ。舵音に逃げ出す人魚を見て船主の男は思わず網を投げ、そのまま海に落ちて行方不明になってしまう。もし彼が衝動に駆られただけなら(自業自得とはいえ)少し同情するが、世の中には人魚を見せ物にしようとする人もいるらしい。そんな人は必ず不幸に陥るようだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品