わたしの彼氏講談社文庫

青山七恵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062779838
ISBN 10 : 4062779838
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
439p;15

内容詳細

繊細で美男な大学生、鮎太朗。女はみんな彼に片想い。でも結局はなぜだか彼がふられてしまう。刺されたり貢がされたり、その一方で、自分を慕い続ける可愛い同級生には心惹かれない。理不尽で不条理だけど、恋する男女はいつも真剣なのだ。芥川賞作家が恋愛の不思議を温かな眼差しで綴る傑作長編。

【著者紹介】
青山七恵 : 1983年、埼玉県生まれ。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2005年「窓の灯」で文藝賞を受賞しデビュー。’07年「ひとり日和」で芥川賞受賞。’09年「かけら」で川端康成文学賞を最年少で受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • coco夏ko10角 さん

    今まで読んだ著者作品で1、2番に好き。比喩や感情表現に「おっ」と何度も。残念イケメンな鮎太朗…周りの女性が気になってしまうのはなんだかわかる。たくさん登場する女性たちの中で、テンテンが一番まともなような、怖いような…。そして読んでる最中に思い出した二冊と合わせて「三大失恋小説」と解説で挙げられていて感覚の近さに嬉し。

  • *mayu* さん

    繊細でイケメン、女の子にモテモテのはずなのに、何故か毎回ロクでもない振られ方をされ、姉にオモチャにされる鮎太朗が女たちに翻弄される物語。青山さん久々に読みましたけど、文体が可愛らしい。テンポ良く読めます。しかしサッちゃんのエピソードはなんか心がとても痛かった…あと物凄いテンテンに肩入れして読んでしまった(笑)

  • kaoriction さん

    「幸せとは、状態のことではなくて、瞬間のことだ。」「手の届くぜんぶのやさしさをつかまえて、思いっきりあげて。遠慮も難しいこともいらないの。ただやさしくすればいい」。所々、立ち止まって繰り返し読んでみたくなる文章、言葉に出会う。それだけでもこの作品を読めた価値はある、と思う。好き嫌い、賛否両論ある作品のようだが、青山ファンというフィルターを取り除いてもとても好きな作品。やさしい人にわたしもなりたい。この手に抱えきれないやさしさを、その手をのばせば届くやさしさを、ぜんぶ。ぜんぶ、誰かにあげられる。そんな人に。

  • Pure さん

    鮎太郎というモテモテ大学生と彼を取り巻く女達のコメディ小説。コメディに文学的表現を詰め込むのは作者のユーモアか?鮎太郎が主人公になっているが、その実描かれているのは周りの女達。その女達に全くついていけない鮎太郎の情けなさとの対比に於いて、女達の必死さ、凄さが伝わってくる。すみません、男はそんな貴方達女の凄さについていけませんm(_ _)m。ごめんなさいという本でした(笑)。

  • Kei さん

    「イケメンで女子にモテモテ、でも何故か最後は振られてしまう」イケメンなのとモテモテなのを除けば、俺やんけ!知らない間に自伝が出版されてる?!出るとこ出なくちゃ!と思ったら、勘違いだった。でも奇しくも鮎太郎と同じくリリーに振られたのは一緒。先々週ね、ふふふ。うふふふ。ふふふ、不可抗力で死にたいよね。今、とてもね。フィクションの中の、絶望する登場人物の側には必ず支えてくれる人がいる。一人で突っ走った結果のケア/尻拭いを周りに頼るのは、(言葉違うけど)フェアじゃなくない?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

青山七恵

1983(昭和58)年、埼玉県生れ。筑波大学図書館情報専門学群卒業。2005(平成17)年「窓の灯」で文藝賞受賞。’07年「ひとり日和」で芥川賞受賞。’09年「かけら」で川端康成文学賞を最年少で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品