これでいいのか千葉県 キレると怖い千葉原住民の正体 地域批評シリーズ

鈴木ユータ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896378894
ISBN 10 : 489637889X
フォーマット
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
320p;15

内容詳細

本書では千葉の新住民・原住民の生態を明らかにすると共に、房総を中心に各地域のさまざまな問題を取り上げ、さらに、関東の永遠のライバル(?)である埼玉県との比較を自虐まみれで論じた。多くの千葉県民の魂に刺さるであろう新たな「千葉論」に刮目せよ!!

目次 : 第1章 千葉県ってどんなトコ?/ 第2章 ちょっとビミョーな千葉県のポテンシャル/ 第3章 地域によって七変化!?房総民の生態に迫る!/ 第4章 永遠のライバル関係!?埼玉には負けられない!/ 第5章 パッとしない県都・千葉市のモガキ/ 第6章 のんびりだけど主張する内房/ 第7章 生粋の房総民族が躍動する外房/ 第8章 千葉都民の侵略進む悲喜こもごもの北総・東葛・葛南/ 第9章 千葉都民と房総民の黄金タッグを実現せよ!

【著者紹介】
鈴木ユータ : 1982年千葉県木更津市生まれ。フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • らび さん

    歴史と社会科の勉強をしたみたいでした。自分の住んでいるところがどんな歴史を歩んできたのか、あまり考えたことはなかったので「千葉都民」という言い方も知らなかった。なるほど〜とは思いますが、確かに千葉は縦に長いので房総まで行くには旅行感覚かもですね。出身地ではないので郷土愛はないです(笑)でも出身地は4歳までしかいなかったからそちらも愛着ないしな〜故郷がないとは常々思ってます。どんな所でも住めば都です。

  • mentanpin さん

    つまらなかった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品