枕草子 方丈記 徒然草 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集

酒井順子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309728773
ISBN 10 : 4309728774
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
531p;20

内容詳細

「春はあけぼの…」一条天皇の中宮定子に仕えた宮中での生活を英知とユーモアの筆致で綴った平安の清少納言「枕草子」。「ゆく河の流れは絶えずして…」波瀾に満ちた人生を送り、鎌倉前期の大火や地震などの自然災害や人災に見舞われた体験を綴った最初の災害文学・鴨長明「方丈記」。「つれづれなるままに、日くらし硯にむかひて…」鎌倉末期の無常観に基づいた随想や人生訓を鋭い洞察で記した兼好「徒然草」。現代の名手による新訳・全訳で収録。

目次 : 枕草子(酒井順子訳)/ 方丈記(高橋源一郎訳)/ 徒然草(内田樹訳)

【著者紹介】
酒井順子 : 1966年東京生まれ。エッセイスト。高校在学中より雑誌にコラムを執筆。立教大学社会学部卒業後、広告代理店に就職。その後執筆業に専念。『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞と講談社エッセイ賞を受賞

高橋源一郎著 : 1951年広島県生まれ。『さようなら、ギャングたち』で群像新人長篇小説賞優秀作、『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞

内田樹 : 1950年東京生まれ。思想家、武道家、エッセイスト。合気道凱風館師範。『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞2010、伊丹十三賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この巻では日本古典の三大随筆、枕草子、方丈記、徒然草が現代語訳でおさめられています。とくに酒井さん訳の枕草子は今の時代の作品といってもわからないくらいな感じです。また方丈記もむかし中学・高校で習ったときよりもはるかに短く感じられました。徒然草も内田さんの役で結構楽しめました。

  • starbro さん

    池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ第ニ十三弾です。三作共、教科書等で一部は読んでいても、全文は読んだことがないので、貴重な経験でした。枕草子で、酒井順子が「おかし」を「素敵」、「あわれ」を「ぐっとくる」と訳しているのは大変「ステキ」です。一番のオススメは、高橋源一郎のハリウッド的超現代語訳「方丈記」です。1000年以上経ってても読み続けられている古典の底力を感じた巻でした。本作で毎月のノルマ1万P12か月連続達成コンプリートです!

  • アキ さん

    枕草子のみ再読。「清少納言を求めてフィンランドから京都へ」を読了し、読み返したくなった。約1000年前の清少納言の感性は鋭いが、男というものへの視点やうわさ話などは現代でも十分通じるもの。彼女の白楽天の詩への教養に書家・行成も一目置いていたことがわかる。仕えていた中宮・定子が八段で出産のために大道生昌の家に移り、男児を出産した日に、道長は娘の彰子を一条天皇に入内させ、彰子が中宮に、定子は皇后となり、二三九段からは失意の頃で第三子を懐妊し、出産後二十四歳で他界する悲劇的な運命による悲哀はおくびにも出さない。

  • 優希 さん

    古典における3つの代表的な随筆がおさめられていました。どれも現代語訳が読みやすかったです。『枕草子』はかなり時間がかかりましたが、平安時代の様子が生き生きと描かれていると思いました。意外に『方丈記』が良かったです。高橋源一郎訳というのもあるのでしょうが、かなり変わっているので好みは別れるかもしれません。このような形で昔を見るのもいいものです。

  • ちゃちゃ さん

    【『方丈記』】何という斬新でポップな訳だろう。「モバイル・ハウス・ダイアリーズ〜カモノ・ナガアキラ〜」とは?タイトルからして、高橋源一郎訳に衝撃を受けた。組み立て式のちっぽけなモバイルハウスに住み、アミダ仏のポスターとフゲン菩薩のフィギュアを飾り、聖なるホケ経を読む。それは、心安らかに静かに生きるための彼なりの方途。世間から非常識だと非難されようとも我が道を貫く潔さ。高橋訳を通して浮かび上がってくるのは、達観した白髪の老人の姿ではない。無常の世を生きる迷いの渦中で孤独につぶやく、人恋しげな老人の姿だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

酒井順子

1951年5月、岐阜県揖斐郡生まれ。日本編物教育連合会の「手編み・機械編み」師範資格取得後、1984年「あみもの工房Sakai」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品