闇の平蔵

逢坂剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163905549
ISBN 10 : 4163905545
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
追加情報
:
338p;20

内容詳細

誰もその男の顔を知らない。「闇の平蔵」を名乗る不届き者が現れた。逢坂剛が描く“火付盗賊改・長谷川平蔵”シリーズ第三弾。

【著者紹介】
逢坂剛 : 1943年、東京生まれ。中央大学法学部卒業後、博報堂に入社。80年、『暗殺者グラナダに死す』で第19回オール讀物推理小説新人賞受賞。87年、『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞受賞。97年より執筆に専念。2001年から日本推理作家協会理事長を二期務める。13年、第17回日本ミステリー文学大賞受賞。15年、『平蔵狩り』で第49回吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    逢坂剛は、新作中心に読んでいる作家です。平蔵シリーズ3作目です。連作短編集、オススメは、冒頭の「飛鳥山」です。今まで気づいていなかったのですが、本書の表紙および挿絵画家の中一弥と著者は実の親子でした。親子共作は、作家冥利につきるんでしょうネ。中一弥が104歳の長寿を全うしたので、今後はどうなるのでしょうか?本シリーズは多少ワンパターンの気がしますが、継続されるのでしょうか?素顔を見せない平蔵は、タイガー・マスクのような存在かも知れません。

  • ひらちゃん さん

    長谷川平蔵の偽物が。闇の平蔵とはそそられるたが、話が混み合い過ぎていて何度か読み返しながら終えた。食えない女可久が登場しいい味を出していた。もう少し平蔵の人となりが欲しかったところ。しかし、盗賊と火盗改の化かし合いが裏のまた裏をいっていて計りきれなかったなぁ。

  • ren5000 さん

    安定の逢坂版鬼平でした。今回は肝の座った可久姉さん登場でちょっとむさ苦しい鬼平軍団がちょっと華が加わって面白かった。わたくし可久さんにちょっと惚れてしまいました(笑)次作がすごく楽しみになりました〜。

  • ジュール リブレ さん

    安定感の感じられる一冊です。勧善懲悪ものなのでラストはお決まりですが、起承転結がしっかりしていて、結論までの構成も円熟しています。重造も出て来て今後につながりました。

  • ドナルド@灯れ松明の火 さん

    シリーズ3作目。2作目を失念して飛ばしてしまった。池波鬼平とはかなり異なるが逢坂剛の描く平蔵はこれはこれでなかなか面白い。盗賊との心理戦や盗賊の裏をかく部下たちの配置等興味深い。大物盗賊を次々と片付けていく手腕も凄い。今作登場の可久はキャラが立っていて今後の活躍に期待大。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

逢坂剛

1943年東京生まれ。広告代理店勤務のかたわら、80年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、作家デビュー。87年『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞の三冠に輝く。その後も日本ミステリー文学大賞、吉川英治文学賞、毎日芸術賞を受賞。「百舌シリーズ」

プロフィール詳細へ

逢坂剛に関連するトピックス

  • 劇場版「MOZU」を見る前に読みたい本 高層ビル爆破と大使館襲撃。2つの事件の真相を追うサスペンス傑作長編『百舌の叫ぶ夜』。最後の敵が、ついに現れるのか?1... HMV&BOOKS online|2015年10月28日 (水) 15:17
    劇場版「MOZU」を見る前に読みたい本

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品