幽霊注意報

赤川次郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163810201
ISBN 10 : 416381020X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
240

内容詳細

以前、殺人事件があったという古い四階建てのビル。心霊スポットを紹介するテレビ番組の撮影で訪れたタレント・安西久士が、何者かに毒殺される。現場に向かった宇野警部と恋人・夕子の前に現われたのは、くたびれた感じの安西の妻・涼子。涼子は突然の悲報に悲しむでもなく、夫は自分が持たせた手作り弁当を食べたはず、と自らが疑われるようなことをわざわざ言い出すが…。大人気「幽霊シリーズ」第二十三弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おれんじぺこ♪(15年生) さん

    刑事さん(宇野)と恋人の夕子が色々な事件の謎を証していく短編集。読みやすいけど軽い。再読?と思わせるようなお話(笑) 相変わらず、夕子は色んな現場にいるね…ただの女子大生なのに…

  • 星落秋風五丈原 さん

    以前、殺人事件があったという古い四階建てのビル。心霊スポットを紹介するテレビ番組の撮影で訪れたタレント・安西久士が、何者かに毒殺される。現場に向かった宇野警部と恋人・夕子の前に現われたのは、くたびれた感じの安西の妻・涼子。涼子は突然の悲報に悲しむでもなく、夫は自分が持たせた手作り弁当を食べたはず、と自らが疑われるようなことをわざわざ言い出すが…。大人気「幽霊シリーズ」第二十三弾

  • akogoma@灯れ松明の火@SR推進委員会 さん

    シリーズ23弾。久々に未読3冊を一気読み中。そもそも短編集ではあったが、昨今の「やたら細かい描写の多いキャラクターノベル」を読み慣れてると、あっというまに読了してしまい拍子抜けする。初登場からリアルタイムで読んでるお気に入りのコンビなのだが、すでに宇野警部の年令を超えてしまった今となっては「40やもめ」という言葉が微妙にひっかかる(笑)。

  • ひまわり さん

    久し振りの宇野&夕子コンビ。短編集なのでさらりと読めます。

  • poke さん

    やっぱり落ち着きます。ただ、誘拐の話がいまいちよくわからなかった。私だけ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

赤川次郎

1948年、福岡県生まれ。『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞、『悪妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。著作は640冊を超え、ミステリー小説を中心に、その創作活動は多岐にわたる。2005年には、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品