シップ船長とうみぼうず

角野栄子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784034393208
ISBN 10 : 4034393203
フォーマット
出版社
発行年月
2007年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,71p

内容詳細

シップ船長とチャチャ号は、ただ今けんか中。そこへ珍しいお客様がやってきた。なんとびっくり、大きな大きな海ぼうず。初版「シップ船長はいやとはいいません」の中の1話に、加筆・修正、新挿絵を加えて単行本化。

【著者紹介】
角野栄子 : 東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。2年間のブラジル滞在後、童話の創作を始める。『大どろぼうブラブラ氏』(講談社)で産経児童出版文化賞大賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト・文学作品、『わたしのママはしずかさん』(偕成社)『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞を受賞

オームラトモコ : 大村知子。1973年東京生まれ。パレットクラブスクール卒業。テキスタイルデザイナーを経て、現在はイラストレーターとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みつばちい さん

    シップ船長に暴言はかれて、ヘソ曲げて少しずつズレて運転する船が可愛い。うみぼうずを兄と慕う入道雲も可愛い。えとお話の雰囲気がぴったりで低学年によい。シリーズたくさんあるの知らなかった。この一冊だけ勤務先蔵書にあるが、他も加えようかなぁ

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    記入漏れ。シップ船長はおかあさんのいる港に行く途中、うみぼうずから乗せて!とお願いされる。行先は空!でも断らないシップ船長。シリーズ3作目(他も読みたくなります)

  • Tonex さん

    『魔女の宅急便』と同じ1985年に出版された『シップ船長はいやとはいいません』の各エピソードをバラして加筆修正して数年かけて全5巻で刊行したシリーズの第3冊目。小学校低学年向けなのに主人公のシップ船長はハゲのおっさん。今回のゲストキャラ海ぼうずもつるつるのハゲ頭。人間ハゲでも明るく生きよういうお話。ではなくて、どんな困難な仕事も嫌と言わず引き受ける船長が海ぼうずの依頼に応えるお話。予期せぬトラブルに積極的に立ち向かうことで、行き詰まっていた自分の問題を解決する突破口が開けるということか。

  • ツキノ さん

    シップ船長が独身だったとは!!船のチャチャ号がへそをまげるくだりがとてもおもしろい。

  • あき@ブラック・ベア さん

    3作目のシップ船長は、とりあえずお願いはされたけどちょっと仕事は一休みして閑話な感じのお話。チャチャ号と喧嘩なんてするんだねシップ船長。このあとおよめさんに会えたのかな?結婚するのかな?こんなに忙しいシップ船長じゃ、結婚しても仕事仕事で家に帰れなさそうだなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角野栄子

東京生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。ブラジルでの体験をもとにした『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(ポプラ社)でデビュー。その後、童話を書き始め、『わたしのママはしずかさん』(偕成社)、『ズボン船長さんの話』で路傍の石文学賞、『魔女の宅急便』(以上福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品