新・魔法のコンパス 角川文庫

西野亮廣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048964555
ISBN 10 : 4048964550
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
285p;15

内容詳細

“現代の革命家”西野亮廣の10万部のベストセラー、『魔法のコンパス』から3年。
時代に対応し、全編完全改訂・書下ろして待望の文庫化が決定!
まったく別作品として、めまぐるしくルールが変わる現在、そして未来の歩き方をキミに伝える。

いいかい?
僕たち人間は“知らないものを嫌う性質”を持っている。

キミが未来を知らないかぎり、
キミは未来を嫌い続け、
キミは未来を迎えることができない。

「なんか、よく分からないけど、怪しい」と蓋をしてしまったモノの中に、未来が眠っている。
「知ること」から逃げちゃダメだ。

キミが持たなきゃいけないのは学校で貰ったコンパスじゃない。
どれだけ地図が描き変えられようとも、キミの行き先を指してくれる『魔法のコンパス』だ。

今からプレゼントするよ。


●西野 亮廣:1980年生まれ。芸人、絵本作家etc.
著書に絵本『えんとつ町のプペル』、ビジネス書『新世界』などがある。全作品がベストセラーになり累計部数は100万部を突破。2017年に刊行した『革命のファンファーレ』は「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」で総合グランプリに輝いた。主宰する有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)『西野亮廣エンタメ研究所』は、会員数が2万2000人を突破。国内最大規模を誇る

【著者紹介】
西野亮廣 : 1980年生まれ。芸人、絵本作家etc.99年に梶原雄太と『キングコング』を結成。人気絶頂の2005年、「世界一面白い芸人になる」夢を叶えるため、テレビから軸足を抜いた結果「炎上芸人」などとバッシングを受けるが、絵本やビジネス書執筆など結果を出し続け、熱狂的支持を得る。オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』は国内最大で19年4月現在、会員数2万3000人超(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mio217 さん

    西野さんの脳内は、ミキサーで毎日掻き回されている。日々、発想がクルクル回っている。しかも発想は日々アップデートされて、回っている。西野さんに「迷い」「躊躇」の考えはない。「進化」しかない。起業家でもないサラリーマンの私達や俺達には関係ない本だよね、なんて、読まずにいると間違いなく人生の大損だ。西野さんの考え方は、カメレオンの様に変化してどんな職業にでも、誰にでも合うようにできていると、私は考える。何となく社会に飼われていると感じているなら、何となく手にして、何となく読んで欲しい。何となく自分が変わるから。

  • あっか さん

    西野さん最新刊!ご本人が仰っている通り、文庫化ではあるけれど内容が全く違います!数年前の広告論は書き直されより本質的で普遍的なものになっているので、以前魔法のコンパスを読んだことのある方もぜひ読むべき^^周りやヒット商品、人の動向などをしっかり見て研究してそれを自分ビジネスに応用してみて確信を得る、という彼の努力の軌跡が見えるような気がしました。彼の本は、自分に置き換えてみた時に具体的な実行アイデアが浮かんでくるところが好きで刺激をもらっています。文庫ではなかなか見ない文字の大きさと少なさにびっくり。笑

  • Carlyuke さん

    本日購入。字が大きくすぐに読めた。この人は何者だろうと思っていたので読んで満足。この本の中で, 2冊ほど紹介されていた本があったので調べてみたい。この本からはビジネス的な発想が学べるし, 考え方から時代を感じた。時代は常に変化しているし, それが常識。印税を広告のために使うという発想。セカンドクリエーター。オシャレすぎると一部の客はついてこられない。

  • ノブ さん

    上から目線が心地よかった。やはり西野さんは面白いから好きだ。

  • 江口 浩平 さん

    【考え方】魔法のコンパスを文庫本にしたのかと思いきや、内容もアップデートされていて驚いた。これだけ変化の早い世の中で、抗わずに舵を切っていけるのは西野亮廣さんの強みだと思う。お金、広告、ファンについて、仮説を立てて独自の方程式をもとに実践と検証を繰り返し、PDCAサイクルを最速で回し続けている姿勢が職業を問わず勉強になる。これからの時代、複数の分野に自分の時間を分割して投資し、それによって仕事の幅を広げていくのも大事になってくる。ぜひ子育てをしている親世代も一緒に読んでほしいと思える一冊だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品