二畳で豊かに住む

西和夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205855
ISBN 10 : 4087205851
フォーマット
発行年月
2011年03月
日本
追加情報
:
18cm,197p

内容詳細

夏目漱石や内田百間、高村光太郎などは、極小の空間を楽しみながら豊かな生活を送っていた。先人たちの豊富な実例から、住むことの根源を考察。狭い住居の工夫を知って、身の丈の生活の意味を再検討する。

【著者紹介】
西和夫 : 1938年東京都生まれ。東京工業大学大学院博士課程修了。神奈川大学名誉教授。日本建築史専攻。歴史・民俗・美術史と学際的な交流を続け、長野市松代町・島根県江津市・山形県長井市などの町並み調査と町づくりを行う。1983年日本建築学会賞、1993年、千野香織との共著『フィクションとしての絵画』で小泉八雲賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯 さん

    はじめの、百けん先生が戦中焼け出されて住んでいた3畳の掘っ立て小屋(うち、1畳が物入れ)の話から始まったので、作家が住んだ狭小住居の話かと思っていたら、船頭さんや、お遍路さんの休憩所などの話になったので、少し期待外れでした。それでも、主体性を持って狭い家をどう住みこなすかというテーマは、テレビのお家紹介番組などで、こんな広い家は掃除が大変だから住みたくない……無駄に広すぎる…などと考えてしまう私のような人間には興味深いものでした。

  • Tadashi_N さん

    積極的な狭小住宅暮らしには知恵がいる

  • スージー05 さん

    間取りを描き写しながら、再読。自分ならどう暮らすか考えながら間取りをいじると、現代設備がないと無理だからなどと色々足していく。結果、二畳で暮らすは無理。『大きい家はバカでも住める、小さい家に住むのには知恵がいる。』知恵のない者が小さく粗末な住居で暮らすと品位、人格、道徳を失っていくそうだ。広くても狭くても豊かに暮らす知恵をつけたい。

  • ikedama99 さん

    図書館から借りて読んだ。狭い部屋だから×だ、ということはないということを感じたりもしていた(大学時代の4畳半は、心中では充実した空間だった)ので、読んでみると面白かった。内田百けんの住まいは、以前に日記で読んでいた場所なので、ようやくつながった。お遍路さんの宿は興味深かった。

  • kaz さん

    内田百閧ェ戦時中に自宅を空襲で焼かれ、近所の家の庭先にある二畳の小屋に夫婦2人で工夫しながら3年も住んでいた話や、高村光太郎が戦後、岩手の雪深い山の中の小屋に一人で7年住んでいた話をはじめ、さまざまな極小の住まいの様子を知ることができる。主体的に住み、外部との繋がりがあり、精神的に豊かであれば狭くても豊かな空間になる。坂口恭平さんの『TOKYO0円ハウス0円生活』はその究極の形を示してくれている本だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西和夫

1938年東京都生まれ。東京工業大学大学院博士課程修了。工学博士。現在、神奈川大学名誉教授。専門は日本建築史。山形県長井市・岐阜県各務原市・佐賀県唐津市など、各地の歴史を活かした町づくりに携わり、松江城調査研究委員会委員長なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品