私の身体を生きる

西加奈子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163918488
ISBN 10 : 4163918485
フォーマット
出版社
発行年月
2024年05月
日本
追加情報
:
232p;20

内容詳細

人気作家17人が自らの「身体」と向き合って記す、生きるためのリレーエッセイ

私の身体はほんとうに私のもの? 私の身体はどんな視線にさらされ、どのように規定され、内面化されているのか。女性/女性として生きる17人の人気小説家・美術作家・コラムニスト・漫画家・発明家が自らの「身体」と向き合い、ときにユーモラスに、ときに激しく、そしてかつてない真摯さで文章をつむぐ。「文學界」人気連載がついに単行本化。

著者は島本理生、村田沙耶香、藤野可織、西加奈子、鈴木涼美、金原ひとみ、千早茜、朝吹真理子、エリイ、能町みね子、李琴峰、山下紘加、鳥飼茜、柴崎友香、宇佐見りん、藤原麻里菜、児玉雨子の17人。

自分と自分の身体の関係を見つめる言葉が、これまで読んだことのない衝撃と共感をもたらす。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けいこ さん

    自身の身体についてのエッセイ。好きな作家さんが沢山いたので手に取る。が、性被害に遭った、幼少期に自慰を覚えた、妊娠する事に葛藤していた、性を売っていたなど、割と重い。よく書いたなぁというのが第一印象。想いや主張を理解するのが難しかったけれど、女性であるという事を窮屈に感じている人が、思っている以上に多いのかもしれないと思った。同じテーマで男性作家さんに書いてもらったらどうなんだろう。生い立ち、環境、世の中の風潮と自身の身体と心の置き場所に皆葛藤しながらも潔く折り合いをつけていた。

  • 東雲 さん

    この本を開いて驚いたのは、自身の肉体を語るにあたりなんと性の割合が多いかということ。それも加害・抑圧された出来事が。生まれた瞬間は無垢であった存在が、いかに他者によって欲望/消費され自尊心を削っていくか。他者に身体を明け渡すことに疲れ、身体を捨てたいと願いながら、本当はこの身体のまま、この身体を愛して生きていきたいと思い続けている人たち。そしてそれはそっくり私たちになる。しかし村田沙耶香さんの冒頭には「性をテーマにエッセイを書きませんか?」と書かれていたので、これは誘導にあたるのではないかと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西加奈子

1977年イラン・テヘラン生まれ。エジプト・カイロ、大阪府で育つ。2004年に『あおい』でデビュー。07年『通天閣』で織田作之助賞、13年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞、15年に『サラバ!』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

西加奈子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品