きりこについて

西加奈子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048739313
ISBN 10 : 404873931X
フォーマット
出版社
発行年月
2009年04月
日本
追加情報
:
20cm,210p

内容詳細

きりこはぶすな女の子。人の言葉がわかる黒猫を拾った。美しいってどういうこと。生きるってつらいこと。きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこと…。猫を愛する全ての人に捧げる、希望に満ちた物語。

【著者紹介】
西加奈子 : 1977年テヘラン生まれ、大阪育ち。関西大学法学部卒業後、フリーライターなどを経て、2004年『あおい』でデビュー。05年に刊行された『さくら』がベストセラーとなる。08年『通天閣』で織田作之助賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
自分の楽園から一気に下界に落ちた時の、あ...

投稿日:2010/08/09 (月)

自分の楽園から一気に下界に落ちた時の、あの頃の感覚をリアルに思い出した。他者の存在、比較したときの差に気づかされた頃のこと。あきらめたこと、受け入れたこと。 子ども頃の正しい白玉の楽しみ方も・・・。

たぬきや さん | 熊本県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • にいにい さん

    「サラバ!」に通ずるものが、多かった。出だしのインパクト。きりこの生き方。作中作者の存在。アドラー心理学の真髄にも関わる考え方も、「容姿も中身も、あるがままに受け入れることが、幸せになること。」話の最後は、死期を知ってる作中作者がまとめを急いだので、バタバタとみんな良くなってしまったのが、少し物足りないけど、いい一冊だった。そうか、猫と会話しなけりゃ損だよな!動物諺も控えるか。

  • きりこ さん

    「きりこは、○○である」と衝撃な一文で始まります。しかもその言葉だけ太い文字で強調されていて、まるで自分に投げつけられているようであんまりだわ。しかもその後もその言葉は呪文のように繰り返えされて随分だわ。そうじゃないのかと言われるとそれは完全に否定できないから困るけれど。…まあ並です。お友だちを助けることによって、人の評価など気にせず自分らしく生きるということに価値を見出し、私は私なんだとありのままを受け入れて生きていくきりこが好きになっていきます。続く→

  • つくよみ さん

    ★★★ 途轍もなく「ぶす」な少女、きりこ。周囲もその強烈で個性的な容貌に中てられ「酔ったような」状態で、彼女中心の幼年期を過ごす。しかし、やがてその酔いも醒め、「ぶす」のレッテルを貼られたきりこは、世界から全否定された様な絶望感を味わい、自分の殻に閉じこもる。そこからの再生と、自己肯定までの物語を、ファンタジー要素を含ませながら描いた作品。人間の「負」に対する表現が直球過ぎるが、独特のユーモア溢れる文章でさらりと読ませ、後味は悪くない。終始きりこの傍に寄り添った、賢猫ラムセス2世が素晴らしすぎる♪傑作。

  • ちはや@灯れ松明の火 さん

    多くの女子の心を縛りつけるのは、容姿の可愛さという鎖。異形レベルのぶす少女きりこもまた然り。子煩悩両親の溺愛を信じきっていた黄金の少女時代、鋭い客観的真実で引き裂かれた初恋と自信、その後に続く暗黒の引きこもり思春期、そして長い夜の終わりと新しい出会い。鎖を解いて、立ち上がることができたのは、隣に寄り添う賢い黒猫ラムセス2世がいたから。容れ物があって中身がある、猫ならとっくにお見通しの真実を悟ったきりこは、姿は同じままなのに眩しいほど輝いて見える。彼女を乗せて今日も肉球よりまるい世界は回る、ぐるぐるぐる。

  • 有 さん

    なんじゃこりゃ?から広がる、自分は自分なのだと達観する為の物語。自分の平凡さを喜ばしくも、残念にも思う。死ぬまで生きるだけなのに、邪念の多いこと!生真面目にきつきつと人生を組み立てる、愚かなことよ。さすがに彼女達のような人生を送れそうにはないが、縛られていた心はすっきり晴れる。外に出て、突然笑い転げたりしてもいいんじゃないか。過去にやってしまった酷いことも、いちいち勘定することないんじゃないか。全く、自分を救えるのは自分だけ。ラムセス二世、大好きです。今日から家猫へは、賢いなぁと声を掛けることに致します。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

西加奈子

1977年、イラン・テヘラン市生まれ。大阪育ち。『サラバ!』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

西加奈子に関連するトピックス

  • 西加奈子の新作短編「雨男」収録『Quick Japan vol.139』 小説家の西加奈子を表紙&巻頭40ページで特集。QJのために書き下ろした短編「雨男」を収録し、第一号読者となった欅坂46の長濱ねるが冒頭インタビューページで思いを語る。 HMV&BOOKS online|2018年08月21日 (火) 10:00
  • 西加奈子『おまじない』 『サラバ!』で直木賞を受賞した西加奈子の最新作は新境地をひらく待望の8年ぶり短編集!装画は著者描き下ろし。 HMV&BOOKS online|2018年03月06日 (火) 15:19
  • 待望の文庫発売!西加奈子「サラバ」 2015年第152回直木賞を受賞した「サラバ」が待望の文庫発売。じっくりゆっくり何度でも読みたい名作。上・中・下で絶賛発売中! HMV&BOOKS online|2017年10月12日 (木) 12:14

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド