銀河英雄伝説 9 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088908571
ISBN 10 : 4088908570
フォーマット
出版社
発売日
2018年02月19日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;19

内容詳細

様々な思惑が絡み合う中、帝国領進攻作戦に参戦することになってしまったヤン中将。シトレ元帥はヤンが出世して軍最高地位になり、同盟軍の腐敗を淘汰することを望むが…。

一方、同盟軍侵攻を察知したラインハルトは、幕下に従える優秀な部下と共にこれを迎え撃つ準備を進めていた!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新天地 さん

    帝国側の提督たちがそれぞれの個性を出した戦い方をしていて、このマンガ版では「艦隊のドクトリン」という言葉を早い段階で読者に浸透させていたのが実に有効だった。ビュコックやヤンも負けてはいないがいろいろと足を引っ張られたこともあって実力が出せたといえばどうなんだろうか。帝政であれ民主政治であれそれを担うものが腐敗していたら無駄に人々の命は失われて行くのが見えてそこは憂鬱になる。しかしながら戦いの描写はワクワクする。

  • オスカー さん

    読むたびにいろんなところにツッコミを入れたくなってしまう漫画だ・・・オベ様はいつも義眼の調子がイマイチみたいだし、ムチムチ太もも強調の軍服もキライ・・・フォークの壊れ具合は素晴らしかったけど、 ワーレンにベルゲンのイメージがなぁ・・・人数が多いので、いろんなパターンがないと区別がつきにくいのだとは思うけれど。私の好きなベルゲンがあれか・・・せめて髪型を変えて〜( TДT) 読むたびにこの人のキャラデザは私には合わないと思ってしまう。でも買っちゃう(笑)

  • S さん

    政治家によって無理やり立ち上げられた戦争で、同盟軍は追い詰められ優秀な人材を失っていく。帝国側の快進撃は見ていてあっぱれだが、同盟側に立つとやはり見ているのが辛い。キャラクターとして立っているのはやはりフォーク准将だろうか。実績ではなく弁舌によって相手をやり込めようとするさまは稚拙だが、実際彼のような人物が上に立つことほど恐ろしいものはない。ヤンへの一方的な対抗心は、果たしていつどのようにして彼の中で育ったのだろうか。

  • はるき さん

    原作小説が大好きな私にも満足いくコミカライズです。 藤崎さんは、アレンジがお上手。

  • りこむん@夕凪の街 桜の国を読んで欲しいの! さん

    フォークの壊れぷりがイーね。アニメのイメージ強く…ワーレン、ケンプ、ルッツがやっぱりイマイチな…駄目だなぁ〜って思いつつツイツイあのイメージがついて回る(汗)ポプランは若すぎかなぁ?諸星あたるにも見えなくはないのは…女好きだからか?(笑)同盟軍の無策な進攻…なるべくして、なた無惨な姿…戦争って本当に人命の軽さを感じる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品