文芸的な、余りに文芸的な/饒舌録 ほか 芥川vs.谷崎論争 講談社文芸文庫

芥川龍之介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062903585
ISBN 10 : 406290358X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
320p;16

内容詳細

芥川谷崎「小説の筋」論争の全貌!『改造』掲載の批判の応酬と、発端となった新潮合評会及び俎上の小説二篇、谷崎の芥川追悼文を収録

【著者紹介】
芥川龍之介 : 1892・3・1〜1927・7・24。小説家。東京生まれ。東京府立三中、一高を経て、1913年、東京帝大英文科入学。在学中の14年に菊池寛、久米正雄らと第三次「新思潮」を創刊、翻訳や小説などを発表する。16年には第四次となる「新思潮」を発刊し、創刊号に発表した「鼻」が夏目漱石によって激賞され、文壇に地位を築く。古典から海外文学までの幅広い知識と教養をもとに、さまざまな名作を残す。27年、睡眠薬により服毒自殺

谷崎潤一郎 : 1886・7・24〜1965・7・30。小説家。東京生まれ。東京府立一中、一高を経て、1908年、東京帝大国文科入学。在学中の10年に小山内薫、和辻哲郎らと第二次「新思潮」を創刊、戯曲や「刺青」などを発表し、11年中退。永井荷風らに認められ、次々と作品を発表、反自然主義の立場から書かれた作風は、耽美派、悪魔主義などと呼ばれ、人気を博す。関東大震災を経て関西に移住し、42年に『細雪』の執筆を開始する。49年、文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiroizm さん

    小説の芸術性は、物語の構成美か、それを超えた詩情による文体か?近代日本文学を代表する二大文豪による文芸誌上の論戦をまとめたもの。とにかく二人の東西の古典から同世代作家までをカバーする読書量に圧倒される。また実直で求道家的な芥川、飄々としたエキュピリアン風の谷崎と、性格の違いもおもしろかった。今となっては論争の内容はどちらも正しいとしか言いようがないが、明治維新から半世紀を経て、日本文学の勃興から関東大震災の後の言論統制が徐々に厳しくなる昭和初期の社会世相と照らし合わせて読むとまた面白いかも。

  • カブトムシIF さん

    「文芸的な、余りに文芸的な」の五「志賀直哉氏」を読むと、芥川龍之介がいかに読書家だったかが分かります。志賀直哉の数編について、日本や世界の似ている作品をあげて、「これは後世の批評家たちに模倣呼ばわりをさせぬために特にちょっとつけ加えるのである。」と述べています。志賀直哉自身の「太宰治の死」も自分と太宰治について、誇張した内容の文章をみて、書いておく方が良いと判断したのです。

  • よっし〜 さん

    「究極の小説とは何か?」現代日本文学史上最も有名な文学論争。芥川龍之介の発した「話らしい話のない小説」に反応した谷崎潤一郎との間で交わされる応酬をまとめた好著。「ストーリーは小説の芸術性に関係がない」とする芥川と、真逆に「ストーリーこそ小説の命脈」とする谷崎。私は芥川の指す究極の小説はストーリーのない「詩」のようなものだと解していたが、本作を読んで、じつは「アンチロマン」を志向していたのではないかと思いなおした。だとすれば芥川はその後の脱文学・超文学を予見していたことになる。熾烈な論争が魅力の一冊。

  • さゆき さん

    「小説の筋」をめぐる芥川と谷崎の論争を一冊にまとめたもの。議論の流れが分かりやすい構成となっている。どちらの主張が正しいという話ではなく、筋が美しく組み立てられた作品には美術的価値があるし、筋のない小説にも作者の目を通して世界を眺めるという面白さがある(ここで志賀直哉の例が引かれているが、もっともだと思う)。こう言っては水を差すようだが、結局は好みの問題だろう。この他、谷崎の『日本におけるクリップン事件』なども、谷崎のSM観が垣間みられて面白かった。

  • 非実在の構想 さん

    文学史における一大論争という扱いの割には、お互いに随想の一部で主張するのみで拍子抜け。現代に文学の純粋さを追い求める人間がどれほどいるかと思うと無常を感じる。日本に於けるクリップン事件面白いと思うんだけどなあ。論争よりも谷崎と芥川の関係性に興味がそそられた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

芥川龍之介

明治25(1892)年東京生まれ。東大在学中に豊島与志雄や菊池寛らと第三次「新思潮」を発刊。大正5(1916)年に発表した「鼻」が夏目漱石に激賞され、続く「芋粥」「手巾」も好評を博す。後年は、厭世的人生観に拠った作品を手がけ、また小説の「筋」をめぐり谷崎潤一郎との文学論争に至った。昭和2(1927)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品