真実の10メートル手前

米澤穂信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488027568
ISBN 10 : 4488027563
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
297p;20

内容詳細

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。『王とサーカス』後の6編を収録する垂涎の作品集。

【著者紹介】
米沢穂信 : 1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞してデビュー。11年に『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、14年には『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』および15年発表の『王とサーカス』は三つの年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の二年連続三冠を達成した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サム・ミイラ さん

    米澤穂信は実に魅力的なキャラクターを創造した。フリージャーナリスト太刀洗万智。報道の名の下にスポットライトを浴びる者。葬り去られる名も無き人々。公平と時に相反する真実の意味。その矛盾と苦悩をしかしクールな表情に隠し、ひたすら真っ直ぐに事実を追うその姿にたまらなく共感する。前作「王とサーカス」で報道に携わる覚悟を決めた主人公の「それまで」と「それから」を描いた短編集である。一話毎に彼女の人間的成長が感じられ実に味わい深い読書だった。次は積んである「さよなら妖精」学生時代の彼女に会うのが楽しみだ。

  • starbro さん

    米澤穂信、4作目です。『王とサーカス』の執筆後に書いたのかなと思っていたら、その前後に書いた短編を纏めて単行本化したようです。まだ数作ですが、ひょっとしたら米澤穂信は短編の方が巧いのかも知れません。本作でのオススメは、「恋累心中」と「ナイフを失われた思い出の中に」です。太刀洗万智、主人公シリーズはまだ続きそうですが、もう一本ずつ長編と短編集を読んで評価を定めたいと思います。

  • 遥かなる想い さん

    太刀洗万智の視線の冷たさが印象的な 短編集である。感情を殺した描写は 読者の心に哀しい事実を刻み込む。 ジャーナリストらしい抑制の効いた、 事件を視る、人間を観る立ち位置が 気持ちよい。『満願』の時に感じた事件の 背後に潜む人間の哀しみの描写も 健在で 読書の楽しみに浸れるのが素直に嬉しい。 事件の背後にある「本当の悲惨」を遠慮なく 暴き、心の中に消していく..太刀洗万智も 大人になったことを実感できる良質の 短編集だった。

  • yoshida さん

    「王とサーカス」で知った太刀洗万智の短編集。ジャーナリストである太刀洗の冷静さ、真実と報道に対する真摯な姿勢、矜恃を感じる。静謐な空気が流れる。「ナイフを失われた思い出の中に」がミステリとしても唸らされた。「さよなら妖精」を先に読んだ方が楽しめたかもしれないが、充分に満足。「恋累心中」での黄燐からの展開。裏切られ続けた高校生二人が哀しい。「名を刻む死」で見せる太刀洗の優しさ。太刀洗は外見と仕事への矜持から誤解されやすいと思う。時に見せる真摯な思いや優しさが淡く輝く。その輝きが本作の最大の魅力かも知れない。

  • たんぽぽ さん

    大刀洗万智として生きることは大変そうだけど、彼女はとても魅力的。押さえられた筆致と、多様な視点がいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

米澤穂信に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品