折れた竜骨 下 創元推理文庫

米澤穂信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488451080
ISBN 10 : 448845108X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;15

内容詳細

第64回 日本推理作家協会賞受賞作
ミステリが読みたい!2012年版 国内篇 第1位
2012本格ミステリ・ベスト10 国内ランキング 第1位
このミステリーがすごい!2012年版 国内篇 第2位
<週刊文春>2011ミステリーベスト10 国内部門 第2位


自然の要塞であったはずの島で、偉大なるソロンの領主は暗殺騎士の魔術に斃れた。
〈走狗(ミニオン)〉候補の八人の容疑者、沈められた封印の鐘、塔上の牢から忽然と消えた不死の青年──そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ? 
魔術や呪いが跋扈する世界の中で、推理の力は果たして真相に辿り着くことができるのか? 
第64回日本推理作家協会賞を受賞した、瞠目の本格推理巨編。

【著者紹介】
米沢穂信 : 1978年岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞奨励賞(ヤングミステリー&ホラー部門)を受賞しデビュー。2011年、『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジーミステリー下巻。ソロン領主を殺した真犯人、呪われたデーン人との戦いを描いた解決編。面白かった。ファンタジーとミステリーの良い部分が見事に融合した事で、普通の作品とは違った読み応えと満足感がありますね。戦闘、謎解きの両方とも高レベルに仕上がってるとかすごい。ラストも印象的で、ニコラとファルク師弟のやり取りと結末はグッときました。切なくも希望の残る終わり方は読後感も良く、爽やかな気持ちになれる素晴らしい1冊だったと思います。いつか彼らのその後を読める日が来るといいな。

  • sk4 さん

    何ですかこの小説は? 鳥肌が治まらないんですけど! 【剣と魔法の国の本格ミステリ】。 刺客の少女との血しぶき舞う戦闘や襲いかかる呪われたデーン人との白兵戦など、およそミステリーとはかけ離れたハリウッド的アクションシーンに目を奪われた後、誰が王殺しの実行犯<走狗>なのかを推理する材料が全て揃ったことが宣言され、読者に対する挑戦状のごとく解決編たる【儀式】が始まる。 ここから展開されるカタルシスと、収束とともに訪れるカタストロフィ、語られる真相、そして未来を誓う合言葉。 本格ミステリ小説の大傑作だと思います。

  • はぐ さん

    読後の圧倒的な満足感といったら!周囲の読書家や読友さんの前評判もあり期待値大で読み始めたが、それをはるかに上回る傑作。魔法がありならなんでもありというズルは一切なく、最初から最後まで読者にフェアな状況で推理が進んでいくのがとても刺激的だった。タイトルの意味については最後の最後に明かされ思わず唸る。精錬された文章の端々から壮大な世界観が透けて見えるため、もっとこの世界に浸りたい!もっと色んな場面を見せてほしい!と鼻息荒く身を乗り出してしまうが、切ない余韻を残して物語は終わってしまった。続編に期待。

  • らる子 さん

    好きな作者の本なので楽しめるだろうとは思っていたけれどここまで面白いとは…最初から最後まで引き込まれ続け、頭の中で映像を作りながら読んでしまいました。ソロンの風を、血に染まった風の匂いを感じて最後には ああ、やられた と涙。騙された、というのは勿論あるけれど、何より文章の、文体の凄さに感動しました。作者の作品は全て読んだわけではないけれど、私が読んだ中では一番になったかもしれないです。 ラストでニコラが活躍してくれたのが密かに嬉しかったな…少し寂しいような終わり方でしたが、清々しい気持ちにもなりました。

  • mocha さん

    面白かった!願わくば「呪われたデーン人」についての作品を読んでみたい。その後のアミーナと騎士ニコラのことも知りたい。もっともっと膨らませてほしい世界だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

米澤穂信に関連するトピックス

  • 『氷菓』12巻!突然の事態に、えるが奉太郎を呼び出し‥ 「生き雛まつり」の傘持ちを頼まれた奉太郎。神社に着くとルート確認をしており、奉太郎は長久橋が工事で通れなくなることを... HMV&BOOKS online|2019年05月22日 (水) 12:00
    『氷菓』12巻!突然の事態に、えるが奉太郎を呼び出し‥
  • 米澤穂信が放つ最新作品集 高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリ... HMV&BOOKS online|2015年12月21日 (月) 21:06
    米澤穂信が放つ最新作品集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品