Blu-ray Disc

男はつらいよ 全50作ブルーレイボックス

男はつらいよ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SHBR0623
組み枚数
:
52
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
ボックスコレクション
監督
:
原作
:

内容詳細

『男はつらいよ』50周年プロジェクトの集大成!
全50作をコンプリートしたコンパクトボックスが誕生!

■4Kデジタル修復版『男はつらいよ』シリーズ全50作ボックスがお手頃価格で登場!
長年、多くの人に愛され続けてきた国民的人気映画シリーズ『男はつらいよ』。50周年プロジェクトの集大成として、昨年12月に公開された新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』を加えた全50作品収録のボックスが満を持して登場!単品ディスクを買い揃えるよりも、お買い得価格で全50作をコンプリートできる、見た目もお値段もコンパクトな、”玉手箱”のようなボックスが誕生した!
どこか懐かしくて、可笑しくて、涙が溢れる ― 日本の原風景とも呼べる”くるまや”一家の姿を、4Kデジタル修復された美しい映像と音声でお楽しみください。

■ずっと手元に残しておきたい、コンパクトで馴染みやすいデザイン!
寅さんの背広を彷彿とさせるチェック柄の収納ボックスは、どんなお部屋にも馴染みやすい温かみのある布地を使用したデザイン。ご自宅の本棚にも収まるコンパクトなサイズを実現。
また、収納ボックスを開けると、なかなか見ることができない寅さんの背広裏地のデザインが現れる!粋でお洒落な浮世絵プリントやタグなどが忠実に再現されたデザインはファン必見!
ディスクを取り出すと、盤面下には様々な時代のさくらが登場!『男はつらいよ』と共に、諏訪さくらの50年間もギュッと詰まったボックスが完成した。

■280分を超える貴重な映像と鑑賞ガイドブックの特典付き!
特典ディスクには、松竹本社にて社員向けに行われた「山田洋次監督に訊く」のイベント映像のほか、第47作と第48作のメイキング映像や山田洋次監督と渥美清による対談など、280分を超える貴重な映像が収録。
また、全112ページにおよぶ鑑賞ガイドブックには、ここでしか読めない、倍賞千恵子さんの撮りおろし特別インタビューが掲載。諏訪さくらとして見つめた映画『男はつらいよ』について、そして名優・渥美清への想いを、50作目を終えた今語っている。映像でも、冊子でも楽しめる豪華特典となっている。

<Blu-ray BOX仕様>
◆第1作〜第49作 4Kデジタル修復版
本編DISC
Blu-ray(BD25G)/16:9 シネマスコープサイズ[1080p/Hi-Def]/特典映像なし/カラー/
音声:
1.(オリジナル)日本語 リニアPCM 2.0chモノラル
2.バリアフリー日本語音声ガイド リニアPCM 2.0chモノラル
字幕:1.バリアフリー 日本語字幕 2.英語字幕

◆第50作
本編DISC
Blu-ray(BD50G)/16:9 シネマスコープサイズ[1080p/Hi-Def]/本編約115分+特典映像約3分/カラー/
音声:
1.(オリジナル)日本語 DTS-HD Master AudioTM 5.1chサラウンド
2.(オリジナル)日本語 DTS-HD Master AudioTM 2.0chステレオ
3.バリアフリー日本語音声ガイド DTS-HD Master AudioTM 2.0chステレオ
字幕:1.バリアフリー 日本語字幕 2.英語字幕

※第1作〜第49作の本編は、4Kデジタル修復素材をブルーレイ向けに2Kダウンコンバートしております。

◆特典DISC1
Blu-ray(BD50G)/16:9 HDフルサイズ[1080i/Hi-Def] ※一部シネマスコープ、ビスタサイズ/特典全体約290分/カラー/
音声:(オリジナル)日本語 ドルビーデジタル 2.0chモノラル ※一部ステレオ
字幕:なし

◆特典DISC2
Blu-ray(BD50G)/16:9 HDフルサイズ[1080i/Hi-Def] ※一部シネマスコープ、スタンダードサイズ/特典全体約203分/カラー/
音声:(オリジナル)日本語 ドルビーデジタル 2.0chモノラル ※一部ステレオ
字幕:なし

<特典>
★特典ディスク1
・山田洋次監督に訊く(2019年製作・約69分)
「男はつらいよ」誕生から50周年を迎え、山田洋次監督が当時を振り返り、そして、いま、何を思うかを語る。
・50周年プロジェクト発表会(2019年製作・約13分)
・特報・予告集(約208分)
第1作〜第49作の特報・予告を収録。

★特典ディスク2
・寅さんが遺してくれたもの 山田洋次監督が語る 寅さんの人生論
・幸福論(2008年製作・約64分)
40周年にあたり山田洋次監督が振り返った、作品制作秘話や渥美清との思い出、そして現代社会への提言。
・フーテンの寅さん誕生(1971年製作・約50分)
第8作「寅次郎恋歌」製作時の山田洋次監督と渥美清の対談、撮影風景などの秘蔵映像。
・おーい、寅さん 男はつらいよをつくる ―シリーズ26年目の素顔―(1995年製作・約43分)
第47作「拝啓車寅次郎様」製作時のメイキング映像。
・おーい、寅さん Part2 最後の撮影現場日記(1997年製作・約46分)
第48作「寅次郎紅の花」製作時のメイキング映像。

※映像特典は既発売の商品に収録していたものと同じ内容です。

【封入物】
★鑑賞ガイドブック(112ページ)

【外装特典】
★特製布貼りボックス
※サイズ(外寸):W335/H150/D147(o)

★CDサイズデジパック仕様
■商品総重量(梱包材含む):約4kg

※仕様・特典等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

発売・販売元:松竹

山田洋次監督、渥美清主演による人情喜劇『男はつらいよ』、50周年プロジェクトの集大成ボックス。東京・柴又のほか全国津々浦々を舞台に、寅さんが繰り広げる笑って泣ける物語を描く。全50タイトルをコンプリート。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
寅さんは良いね!若い頃(独身の頃)は寅さん...

投稿日:2013/04/07 (日)

寅さんは良いね!若い頃(独身の頃)は寅さんを観ていると、何かいつも最後は失恋して、面白いけど何か好きになれなかった。失恋経験の多い私としては、寅さんと自分をダブらせてしまって、あまり好きになれなかった。しかし、結婚し、HNKのBSで寅さん全作品を毎週土曜日にやっているのを観て、何て素晴らしい映画なんだろうと思って、本当にハマってしまった。何でもっと前から観ておかなかったんだろうって思ったほどだった。喜劇のようで喜劇でない、何か人生ドラマの様で、観てて最初は笑いっぱなしなんだけど、最後はポロリと涙してしまう何んとも感動的な映画だね。チャップリンの映画もそういうところがあったけど、寅さんはその日本版みたいな感じだね。全48作観たけど、全部良いね。特に、後期の作品の方が深みが増して良いね。全作品解説出来るけど、そんな時間はないので、省略するが、15.20.32.34.35.46.48が特に良いね。これは私の個人的な感想なので、気にしないで下さい。山田洋次監督は本当に人間ドラマを作らせたら最高な監督だね。また、渥美清の演技が最高だね。もうこういう役者は出てこないだろうね?本当に凄い俳優だと思うよ。また、他のレギュラーの俳優の演技も素晴らしいよ。色々と書いてきたけど、日本人ならやっぱり、寅さんを観なきゃダメだよ。歳とってきたせいか、本当に映画を観て、しみじみとして泣けるね。人生に落ち込んでいる時に観るといいかも?不思議と癒されるというか、元気が湧いてくる、勇気づけられるそんな映画だよ。本当に心に沁みる良い映画だね!こんな素晴らしい映画が日本にあるという事は誇りだと思うね。是非、皆さんご覧になって下さい!きっと、癒されますよ!

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

2

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド