カフカの生涯 白水uブックス

池内紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784560721162
ISBN 10 : 4560721165
フォーマット
出版社
発行年月
2010年07月
日本
追加情報
:
350p;18

内容詳細

カフカ個人訳全集の訳者が、20世紀文学の開拓者の生涯を描いた評伝。祖父の代にはじまり、幼年時代、友人関係、婚約者、役人生活、そして創作の秘密にふれ、カフカの全貌があきらかになる。

【著者紹介】
池内紀 : 1940年兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
その不思議な作品からどんな作者なのだろう...

投稿日:2012/12/30 (日)

その不思議な作品からどんな作者なのだろうと思わせるカフカ。祖父の代から遡り、小説家以外の面にも光を当てています。少し値段が張りますが、とてもいい本です。

はえとりぐさ さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 市太郎 さん

    カフカの誕生日に。彼の生涯を歴史の流れとともに語る。やはり変わった男だったようだ。歴史は第一次大戦を経てやがてホロコーストへと至るユダヤ人にとって厳しい時代。しかしこの男はそんな時代の流れとは無関心に自分の執筆に情熱を注ぐ。女性に何百通も手紙を送っておきながらいざ会うとなったらもじもじして引き延ばすとかその人柄にも笑ってしまう。本人はいたって真面目なのだろうが。家族や周囲の人がその後、強制収容所で多く命を落とした事を考えるとその前に息を引き取ったのは幸せだったと言えるのだろうか。彼の風変わりな小説に乾杯。

  • harass さん

    題名の通りの評伝。書き方が小説のようで読みだして面食らったがじきに慣れた。時代と地域と民族の複雑さが詳しく解説してあり、聞きかじったこの作家の環境などについて整理できた。カフカの生活などについてがある。あまり有能では無かったようだ…… チェコのユーモア作家ハシェクと同時代で同じ街に住んでいたことをはじめて知った。カフカのファンであればぜひ。個人的にこの訳者がまだ存命であることに驚く。

  • ぞしま さん

    祖父(とその時代)からカフカの死まで。家族、友人、恋人、生きた時代、仕事、病気、そして残された大量の手紙を通して。カフカの小説にはまった人ならば一読の価値ある内容と思う。とても良かった。 割と人間くさい描写が目立つのだけど、「ぼくはきみを愛している(海が海底の小石を愛している、まさにそのように。ぼくの愛はきみに洗われる。きみに対して、ぼくはやはり天が投げ落とした小石だ)」 てミレナに宛てた手紙を読んで、あぁこの人はほんとうにものすごい天才なんだなて思った。 それだけで? もちろんそれだけじゃないのだけど…

  • ぷるいち さん

    プラハのカフカミュージアムに行く前の予習として。類似の書籍「となりのカフカ」よりもずっとカフカが人間くさく浮かび上がってくる。こちらのほうがずっとカフカを近くから観察するように眺めているからか。一方でカフカの小説を読んでいることは前提となるような書きっぷりでもある。市民的に生活する人々(父や婚約者)と折り合いが合わず、それでいて女性への強い憧憬を持ち、三年くらい平気で断筆し、死に至る病を冗談めいて笑い、そして結局は自らの死を嘆く、本当に人間らしいカフカ。それでいて、あの奇妙な作品たちと彼は地続きなのだ。

  • kamonpoi さん

    口どけのよいスルスルとした文章で、まるでフィクションのように語られる「カフカの生涯」。彼の人生は数奇な、苛烈なといったものとは違う。現代に生きていてもおかしくないような、関わりを断つことでようやく自立できる孤独な男である。彼の人生を知って、また作品を読み返すと味わい方が変わってくるだろう。面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池内紀

1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者・エッセイスト。『海山のあいだ』で講談社エッセイ賞、『恩地孝四郎』で読売文学賞、訳書『ファウスト』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品