悪魔くん 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775136
ISBN 10 : 4063775135
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
561p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    テレビ化との連動も理由のひとつだろうが、世界平和のために地下から悪魔を呼び寄せるという壮大な設定で始まった物語が、悪魔メフィストを家来にした人間の少年・真悟が超常現象を解決していく漫画へと変貌していく辺りが、いかにも水木しげるらしい。なんとも、とぼけているのだ。絵物語版の『悪魔くん』も収録されていて、その構成を担当しているのが梶原一騎であるのが驚き! ブレイクする前の梶原が絵物語の文章を多く手掛けていたのは知っていたが、まさか『悪魔くん』も書いたことがあったとは。

  • 向う岸 さん

    追悼、水木しげる。絵柄に馴染みがないなあと思って調べたら、自分が見ていたのはコミックボンボン版であり、もっと言えばテレビアニメ版だった。 「エロイム・エッサイム、我は求め訴えたり」悪魔くんがメフィストに魂と引き換えに手に入れたかったのは皆が平等で平和に暮らせる社会だった。誰かが指摘していたけど、それってイエス・キリストと同じ。悪魔くんと対決する悪魔たちも悲しみを抱えていたり悪いのは人間の方だったりと勧善懲悪ではないんだな。

  • seer78 さん

    そもそもなぜ「悪魔」なのかということ。ファウスト博士の著書が唯一の手掛りと知り、ついにメフィストを呼び出すことに成功したはいいが、ソロモンの笛なしではメフィストを使いこなせない。どこが「世界一の天才少年」で、どのように「理想社会」を作ろうとしてるのか。。。メフィストの頭に瘤のある独特の胡散臭さが良い。日本史に取材した様々な妖怪が登場し、メフィスト含め悪魔くんとその仲間たちがそれら妖怪たちが引き起こす騒動や事件の解決に奔走する。悪魔くんの両親がとても「良き市民」ぶりを発揮し、奇異なものを排斥するのに鼻白む。

  • c さん

    特段妖怪好きでも水木しげる好きでもないのだが、京極夏彦については信者のつもりだ。「画図百鬼夜行」「絵本百物語」辺りは当然ハードカバー版を持っている。同様に、京極に多大な影響を与えた水木漫画はいつか網羅的に読まなければと思っていた。ただ俺は、名作と言って良いアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」三期(飽くまで別個の作品としての話。水木漫画のアニメ化としては愚作の類だろう)を観て育った世代であり、「鬼太郎」も復刻版やボンボン版の単行本を未も持っている。「悪魔くん」もアニメには馴染みがあるが、マガジン版を読んだのは初めてだ。

  • ねここ さん

    悪魔くんって賢いのだよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド