CD

波の盆〜映像音楽集 尾高忠明&NHK交響楽団

武満 徹(1930-1996)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KICC1600
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


武満 徹の映画・テレビ音楽の魅力に迫る!
最高の演奏陣による注目の新録音。
尾高忠明指揮NHK交響楽団によるセッション・レコーディング!


昨年(2021年)没25周年を迎えた日本を代表する作曲家・武満 徹の新たなる決定盤が誕生!(メーカー資料より)

【収録情報】
武満 徹:
01. 夢千代日記
02. 太平洋ひとりぼっち
03. 3つの映画音楽〜『ホゼー・トレス』より『訓練と休息の音楽』
04. 3つの映画音楽〜『黒い雨』より『葬送の音楽』
05. 3つの映画音楽〜『他人の顔』より『ワルツ』
06. 波の盆


 南 里沙(ハーモニカ)
 鈴木大介(ウクレレ)
 大坪純平(ギター)
 山崎 燿(シンセサイザー)
 NHK交響楽団
 尾高忠明(指揮)

 録音時期:2022年4月18,19日
 録音場所:東京芸術劇場
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
情感豊かで、映像の風景が見えてくるような...

投稿日:2022/07/26 (火)

情感豊かで、映像の風景が見えてくるような充実したすばらしい演奏。名優と制作陣と作曲家の書下ろしによる充実したドラマやドキュメンタリー…現代のTV番組ではもはや実現できないような組み合わせが昔は確かにあったのだ。武満徹は「世界のタケミツ」ともてはやされるより前から「武満徹」であったのだ。  武満徹がコンサートホールを沸かせる存在であったと同時に映画やテレビなど様々なジャンルで豊かな音楽を作っていたのは頭では分かっていたが、こうして素晴らしい布陣で映像音楽集が発表され、彼の創作範囲の広さを体感する上で佳き財産になると思う。  タイトルにも用いられている「波の盆」が特に感動的。私はこれを聴きたくて入手したようなものだ。朧げな遠景からカメラが入り、やがて海面が静かに映し出され、波が茫洋と寄せては返すような風景を連想させる弦の旋律、その波に比喩されるような歴史の痛みや人間の心の変化…胸が震えるような美しさをぜひ多くの方に聴いていただきたい。お奨めです。

うーつん さん | 東京都 | 不明

0

武満 徹(1930-1996)に関連するトピックス

おすすめの商品