義太夫を聴こう

橋本治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309276502
ISBN 10 : 4309276504
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
201p;19

内容詳細

日本人の不幸と幸せのドラマが鳴り響く、義太夫こそわたしたちの心の音楽だ! 知の巨人にして、古典芸能の最高のナビゲーターによる義太夫入門書。鶴澤寛也との対談収録。

【著者紹介】
橋本治 : 1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒。イラストレーターを経て、77年、初の小説『桃尻娘』を発表。以後、小説・評論・戯曲・エッセイ、古典の現代語訳など、多彩な執筆活動を行う。96年、『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、05年、『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、08年、『双調 平家物語』で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    2008年初出。最初の不安が薄れるのが旅(59頁)。読書記録も同様で、死ぬまでに3千冊と思っていたが、今や1万冊だから。道行(みちゆき)は憂いに満ちたものだけでなく、花やかなものでもある(66頁)。2月は如月で、着ているものの上に更に着物を重ねる(104頁)。三味線を使って鼓のような音を出す(122頁)とは、かなりテクニカルな話に思われる。江戸時代の女の生き方を説いた修養本《女庭訓》は秩序を乱すマナーの悪さにはうるさい(155頁)。

  • tom さん

    文楽は、見るのも聞くのも楽しくて仕方ない。でも、ストーリーは、わたしにとっては、わけわかめのこんこんちき。どうしてこうなってしまうのよと、あきれることばかり。という事情があるものだから、ちょっとお勉強という気分で借りてきた。お勉強になりました。義太夫や三味線の音を音楽として聞けばいいのだ。それから、義太夫節のセリフには、ずいぶんと卑猥な文言があるのだ。ときどき、ひょっとしたらこれは卑猥な内容なの?と思って聞くことがあったのだけど、あのセリフは実際に卑猥だったのだ(笑)。

  • びぃごろ さん

    橋本治さん新作義大夫のおまけ付き源氏物語にラッスンゴレライってwww ・・・口語語りでその文章は話があちこちに飛ぶのだが、内容は自分の知らぬ一歩先を示し、涯ない興味をそそられる。『自分はまだそこには行けていない』。義太夫を音楽として楽しむ為に三つの道行の紹介「旅路の嫁入・初音旅・恋苧環」 『浄瑠璃を読もう』とともに、重要な一冊。

  • Noelle さん

    文楽なら、太夫の語りが全部わからなくても、人形の動きと字幕で補って楽しむことができる。素浄瑠璃はまず、詩章→脳内で漢字変換→現代語訳、とステップがありすぎて敷居が高い。本書では義太夫節の中の道行に絞って、道行とは?情景を歌っているとして三大道行を解説してくれる。母娘、主従、そして三角関係の道行。言葉がスルスルと次の言葉に重なり、掛け合い、別の文脈に想像を広げて、楽しめる?楽しめたのか?昔の人は? でも、橋本さんが横で事細かに解説してくれれば、わかったような気になった、一人で聴けるのはいつのことやらだが。

  • amanon さん

    概ね興味深く読めたものの、「結局義太夫ってなんなの?」という思いは晴れず(笑)。浄瑠璃、歌舞伎、文楽など、邦楽及び日本の伝統芸能に疎い身にとっては、幾度となく混乱させられた。ただ、以前読んだ橋本氏の『浄瑠璃を〜』と同じく、その物語世界のご都合主義的というか緩い世界観に、「こういうのもありなんだ…」と妙に納得させられたのも事実。「話を作るのに必ずしも厳密に辻褄があったストーリーが必要というわけでもないんだ…」みたいな。ただ、その緩さをあえて納得させるような何かが必要不可欠ということでもあるのだけれど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品