「わからない」という方法 集英社新書

橋本治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087200850
ISBN 10 : 408720085X
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
追加情報
:
18cm,252p

内容詳細

「わからない」が「恥」だった世紀は過ぎ去った。21世紀「わからない」は如何にして「方法」となるか。編み物の本、桃尻語訳本などを例に説く、橋本治的「方法論序説」。

【著者紹介】
橋本治 : 1948年、東京生まれ。作家。東京大学文学部国文科卒。在学中の68年に描いた駒場祭ポスターでイラストレーターとして注目される。77年『桃尻娘』で講談社小説現代新人賞佳作受賞。以降、小説・評論・戯曲・古典の現代語訳・エッセイ・芝居の演出等で精力的に活躍。主な著作に『桃尻語訳枕草子』『江戸にフランス革命を!』『’89』『窯変源氏物語』『ひらがな日本美術史』『二十世紀』等。『宗教なんかこわくない!』で第9回新潮学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Susumu Tokushige さん

    20世紀は「わかる」が当然の時代で、自分が知らないだけで「正解」は何処かにあった。しかし21世紀は、正解が何処にも存在しない「わからない」が当然の時代。本書は「わからない」から始まる思考方法について検証・解説…というより哲学書的な問答が続く本。「へん」と「へんじゃない」の定義を「わかる」と「わからない」からの考察は、迷路のようであるが読み切った後は新たな意識・信念が生まれる。これからは「へん」を恐れず「わからない」を前提にした生き方が求められる。『ホモ・デウス』を想起したが、本書は2001年初版。驚いた。

  • たかやん さん

    ーなんでもさっさとわかりたがる人は、「わかってない自分」に直面したくない人で、そう思う人にとって私の本は不向きなのだ(p95)ーそんな記述そのままに、くどすぎるほど"わからない"を丁寧に遠回りして説明する。あまりもの遠回りに迷子になったような読後感の一方で、その道中付箋を貼りまくる。2001年初版ながら今も読まれてることこそ、この本がいまだ陳腐化してないことをきっと証明してる。

  • ひお さん

    「わからないとい」うより「知らない」ことについて無知の知を説いてるような感じ・・・。なんというか「ヘンとヘンを集めて もっとヘンにしましょう ヘンなヘンな宇宙はタイヘンだ・だ・だ!! ♪」みたいな曲が頭をよぎるwボクとしては「知識の組み立て・活用ができない=わからない」だから、「知ればできる、やってみなければわからない」という感じで語られる語調に中盤から読み疲れが出てきたというかなんというか手法としては「わからない」はわかるんだけど好奇心を伴わなければ方法として成り立たない気がするんだよねぇ。んー

  • うえ さん

    全体的にくどい…(特にセーターの話) 21世紀は答えのない時代だから「わからない」が方法になると著者は述べます。「自分はどうわからないのか?」を問い続けることが「わかる」への羅針盤になるという意見には納得です。その行動が田坂さんの言う『知性を磨く』ことへと繋がるのだと思いました。 企画書に必要なのは意外性と確実性だが、両者はトレードオフの関係である。だからこそウソ(“ない”確実性を“ある”と言うこと)が必要になる。→なるほど!タメになりまます。でもその話が「わからない」とどう関係するか、わからない…

  • 仲本テンカ さん

    「分かってる」とは思考停止の始まり。「分からない」とは思考開始のきっかけ。「分かってる」は、その場で済ますことのできる、時間短縮な方法。「分からない」は、ひとつひとつ真剣に物事に当たる、手間暇のかかる方法。どっちが最上な方法かは分かりません。けれども、私は、この「分からない」という方法に惚れてしまいました。さっそく、実践し始めています。いや、しかし、橋本治さんって、骨太。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

橋本治

1948年、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、1977年に小説『桃尻娘』で作家デビュー。以降、小説のほか、エッセイ、評論、戯曲、古典の現代語訳など幅広い分野で多彩な執筆活動をおこなう。『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、『草薙の剣』で野間文芸賞、『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とは

プロフィール詳細へ

橋本治に関連するトピックス

  • 追悼・橋本治さん 小説「桃尻娘」や異色の古典現代語訳「桃尻語訳 枕草子」をはじめ、評論など多彩な執筆活動で活躍した作家の橋本治(はしも... HMV&BOOKS online|2019年02月05日 (火) 11:48
    追悼・橋本治さん

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品