ホンモノの思考力 口ぐせで鍛える論理の技術 集英社新書

樋口裕一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202007
ISBN 10 : 4087202003
フォーマット
出版社
発行年月
2003年07月
日本
追加情報
:
18cm,201p

内容詳細

もう議論も会議も怖くない。二項対立思考で考えを練り、「型」思考で知的に話し、背伸び思考で他社にアピール。独自の方法論で、考えの示し方、他人の意見の分析方法、スルドイ質問や反論の仕方などを伝授。

【著者紹介】
樋口裕一 : 1951年大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程修了。仏文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、小論文の指導に携わり、独自の小論文指導法を確立。小論文指導ゼミナール「白藍塾」主宰、東進ハイスクールでも指導にあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 犬こ さん

    イエス・ノーをはっきりさせる二項対立を明確に、反証する場合は、確かに〜だがしかし、なぜなら〜だからと自分の意見の根拠を説く。海外ではこういう思考が型化されているけれども、日本ではまだまだで、やはりスタートのイエス・ノーでつまずいてしまう。思考法の在り方一冊みっちりと。何回も読みたい良本。

  • モッタ さん

    ★★★★☆ 物事を表裏一体と考えることを前提とする。イエスがあるとノーがあり、顕在があると潜在があると想定する。ひとつの物事があるとき、その反対を考える。そのような考え方をニ項対立思考とよび、これは論理的な、分析的な思考へとつながる。深く掘り下げた議論はこれによって進められる。このことを知っているのといないのでは、議論の濃さがまるで違うだろう。この本にはある「型」が出てくるが、その「型」を口癖としておけば、論理的思考が身に付くはずだ。これを読んだら、あとは実践あるのみ。 ※図書館借り

  • 愛奈 穂佳(あいだ ほのか) さん

    タイトルに惹かれて、手に取りました。読みやすくて、面白かったです。日本人が欧米の思考法を真似ながら論理性を身につけることは、日本文化の発展や日本と世界各国の相互理解のために重要である……といったような感じの内容に、「なるほどねー」と。

  • 茶幸才斎 さん

    フランス人もすなる二項対立思考、型思考、背伸び思考といふものを日本人もしてみむとて手引するなり、という感じの本。物事を、様々な二項対立で理解を促し、幾つかの思考の型に当てはめて主張し、質問し、または反論する具体的な方法を解説し、あとは内実以上に知的に見えるように知識と思考の技を常に磨こう、と云っている。外面の物真似で「ホンモノ」の思考力が身に付くものか、という批判を皮肉り、ゆとり教育が目指した「ホンモノ」の思考力を皮肉り、その真の在処を示すため、あえてこの書名にしてある。筆者のユーモアをこそ、真似したい。

  • Yasushi I さん

    自分は論理的な思考や話が出来ているだろうか。いつも会議が終わった後に最高の意見を思いつくジレンマで手に取った。この本は物凄くお薦め!「メモの型」、「論述の型」というテンプレートで思考の整理方法がすぐに身についた。少し意識的に二項対立の思考を作ることでより知的な会話が可能になるので、特にマネジメント層には助けになるだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

樋口裕一

1951年、大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士後期課程満期退学。フランス文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、受験小論文指導の第一人者として活躍。現在、多摩大学名誉教授、東進ハイスクール講師。通信添削による作文・小論文の専門塾「白藍塾」塾長。MJ日本語教育学院学

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品