寝ても覚めても 河出文庫

柴崎友香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309412931
ISBN 10 : 4309412939
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
320p;15

内容詳細

謎の男・麦に出会いたちまち恋に落ちた朝子。だが彼はほどなく姿を消す。三年後、東京に引っ越した朝子は、麦に生き写しの男と出会う…そっくりだから好きになったのか?好きになったから、そっくりに見えるのか?めくるめく十年の恋を描き野間文芸新人賞を受賞した話題の長篇小説!

【著者紹介】
柴崎友香 : 1973年、大阪府生まれ。行定勲監督により映画化された『きょうのできごと』で2000年にデビュー。『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さおり さん

    一度は挫折したものの、そのあとぐんぐん読める本が続いて自信を取り戻し、今度は何とか最後までたどり着いた。ずっと読みづらくて何がいいんかわからんぜよと思いながら読みましたが、最後の急展開を読んだらありかもと思ってしまった。いや、朝子はなしだよ、もちろん。でもこの小説はありかも。しかし私、柴崎さん作品はたぶんもう読みません。常々、小説をうまく読めるかどうかは読解力云々ではなくて作者との近さの問題と思っていて、近すぎれば説明過多、遠すぎれば意味不明。私にとっては宮下奈津さんとかは近すぎ、柴崎さんは遠すぎです。

  • らむり さん

    序盤で挫折し、途中から斜め読み。最後に解説読んだら、なんだか面白そうなことが・・・。先に解説読んでれば良かった(><)再読かな。

  • 安南 さん

    主人公朝子の視点《カメラアイ》で写し取られた写真そのものがこの小説を形造っている。つまりは《信頼できない語り手》朝子の脳内ファインダーを透してのみ現像された恋。窓枠、鏡、地下鉄の出入り口、果てはテレビ画面までもがフレームに。過剰に凝りまくったカメラワーク。ズームイン、ズームアウト、パン、フォロートラック…。こちらの視覚と脳の焦点を合わせるのが忙しくて眩暈を起こしそうだ。全体に嫌味なくらいに仕掛けがちりばめられ、技巧的過ぎてちょっと疲れた。相似形へのこだわりなど煩いほど。荒俣宏まで出してくるとはなぁ。

  • まさきち さん

    正直登場人物にもストーリーにも共感できず、文章も無駄な部分が多く感じられ読み進めるのが辛かったです。異形の恋愛小説とのことでしたがいまいち納得いかない感じでの読了です。

  • エドワード さん

    大阪で社会人一年目の朝子は、東京から来た不思議な男・麦に一目惚れ、恋に落ちる。ところが突然麦が姿を消す。三年後、東京へ出た朝子は、麦と瓜二つの大阪男・亮平と出会い…。メインの物語に様々な人間がからみあう。柴崎友香さんの物語はしばしば四次元だ。大阪と東京・過去と現在。ゆったり大阪とせかせか東京のスピード感の違い、街と人の描写で見せる様が見事だ。うつりゆく朝子の感情表現、他の人間には麦と亮平が瓜二つに見えないところが面白い。「恋とかって、勘違いを信じ切れるかどうかだよね。」ごもっとも、最後に驚きの結末あり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柴崎友香

1973年、大阪府生まれ。99年、短編「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」が文藝別冊に掲載されデビュー。2004年、『きょうのできごと』が行定勲監督により映画化。06年、第24回咲くやこの花賞、07年、『その街の今は』で第57回芸術選奨文部科学大臣新人賞、第23回織田作之助賞大賞を受賞。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド