寝ても覚めても 河出文庫

柴崎友香

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416182
ISBN 10 : 4309416187
フォーマット
出版社
発行年月
2018年06月
日本
追加情報
:
344p;15

内容詳細

謎の男・麦に出会いたちまち恋に落ちた朝子。だが彼はほどなく姿を消す。三年後、東京に引っ越した朝子は、麦に生き写しの男と出会う…そっくりだから好きになったのか?好きになったから、そっくりに見えるのか?野間文芸新人賞受賞作。森泉岳土のマンガとコラボした魅惑の書き下ろし小説を増補。

【著者紹介】
柴崎友香 : 1973年、大阪府生まれ。2000年、『きょうのできごと』で作家デビュー。『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、『春の庭』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケンイチミズバ さん

    大事な人をそして大事な人も含めた周囲を傷つけた認識が欠落してる。わがままにも程があるが、呆れた自分本意は恋とか恋愛ではよくあることなのだけれど。この女性の場合、無表情な語り口が怖いし、壊れてる?ともとれた。カメラ女子がファインダーから見た目線で綴る街や人や空模様は「のようなもの」で街をぶらつく落語家のしんととちゃんを思い出した。心象風景がたくさんあって物語はすかすかで。ただし、この恋愛は写真に添えたコメントみたいな捉え方がよいのかも。そう、だから映画なんだろう。こんなに魅力のないヒロインは初めてだなあ。

  • hiro さん

    柴崎さんの小説は、ドラマチックな展開がない日常を描いた小説を読んできたが、今回は映画化された“異形の恋愛”がテーマのこの作品を読んでみることにした。そして読み終えてすぐにDVDを借りて映画もみたが、あくまでも朝子が主人公の小説に比べ、亮平目線が多い映画と、映画の脚色によって大分見方が違った。異形の恋愛と言っても、男女問わず未練が残る人と生き写しの人に出会えば、心をかき乱されて当然だろう。ましてや朝子にとっては自分の元から黙って消えた麦。その麦が現れるという、今までにないドラマチックな展開が待っていた。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    何か、もしくは誰かを所有したいという欲望。他人を傷つけてでも、自分の一番欲しいものを優先する身勝手さ。主人公は、そんな感情に忠実であるように見える。少し狂気を感じるほどに。でも、誰しもがそんなところを持ち合わせているとも思う。欲しくても手に入れられないもののほうが、圧倒的に多いのだから。

  • りつこ さん

    恋愛の空気感を写実的に描くとこんな風になるのかな。朝子が麦に初めて会ったとき。長い手足、低い声、そして自分に向けられた笑顔。花火の火花が散ったのは幻想なのか比喩なのか。一方的だけど完璧な「恋」。自分があるようでないような朝子はもともとそういう人間だったのか麦との恋愛でそうなってしまったのかは不明だが、亮平にとっての朝子は朝子にとっての麦だったのか、あるいはもう少しリアルだったのか。後ろめたさを感じるくらい麦と亮平が同じ顔に見えていた朝子が、麦を見て「違う」と気づく瞬間。わかる気がする。映画も見てみたいな。

  • olive さん

    自分の中の宮川大輔が叫ぶ。コレあかんやつや!この女、あかんやつ。恋に落ちた男が姿を消し三年後。そっくりな顔の男と出会う。これは!「冬ソナ」か?純愛か?と思えば、ホラーだった。恋という勘違いを信じ切れなかった女が選んだ答えは?その答えも、この女ならまた覆しそうにあやふやに見えるのもまた恋なのだろう。人の(本質)見えている部分なんてカメラレンズ越しに見える一部分のようなものなんだろうなぁ〜だから執着したくなる。ミョーに癖になる一冊で した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

柴崎友香

1973年大阪生まれ。2000年に『きょうのできごと』を刊行(04年に映画化)。07年『その街の今は』で藝術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、10年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞(18年に映画化)、14年に『春の庭』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド