孤独を生きる言葉

松浦弥太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026404
ISBN 10 : 4309026400
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
162p;18

内容詳細

あなたに寄り添い、背中を押す。どんなときもだいじょうぶになれる150の言葉。人気エッセイストによる書き下ろし箴言集!

【著者紹介】
松浦弥太郎 : 1965年、東京生まれ。エッセイスト、「くらしのきほん」主宰、(株)おいしい健康・共同CEO、「COW BOOKS」代表。18歳で渡米。アメリカの書店文化に惹かれ、帰国後、オールドマガジン専門店「m&co.booksellers」を赤坂に開業。2000年、トラックによる移動書店をスタートさせ、2002年、中目黒にセレクトブックストア「COW BOOKS」を開業。2006年、「暮しの手帖」編集長に就任。2015年3月、「暮しの手帖」編集長を退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やすらぎ🍀 さん

    人は孤独への苦しみを経て深い喜びを得る。尊敬、葛藤、すべての出会いが糧となる。…夢や目標よりも大切なことは、悲しませたり傷つけたりしないこと。誰しもが優しさを求め、包まれる場所を探している。自らは一歩引き、ときには待ち、ときには一声かけ、そして別れ際の寂しさに、一輪の花を添える。遠く離れていてもどこかで固く結ばれている、皆そうありたいと想っている。…温もりが冷めていく。微笑みの奥で涙をこらえているときのように。明け方に一瞬の切なさが訪れるとき、山を越えて風が吹いてくる。私はここにいる。道を探し始めている。

  • シナモン さん

    「心を波立たせない」「その先にいる人を思いやる」「自分のものなど何ひとつありません」「いつも温めなおしを」「なにごとも腹八分目をルールに」落ち着いた色調の四角形で埋められた表紙が印象的。なぜだか見ていて落ち着く。内容も良いけど、表紙が好みなので手元に置いておきたい一冊。

  • ひなきち さん

    自分のきほん(根っこ)をつくる。何があっても自分の足で立って、一歩を踏み出せる人間になりたいと思った。マイナスな印象だった「孤独」に対して、プラスの側面を見ることができた。

  • タツヤ さん

    こんなふうに生きられたらいいと思う。無理だと諦めるのは簡単だけれど、目標を持ちながら暮らしたい。

  • こんぺいとう さん

    今度お世話になっている人に改めて感謝を伝えたいと思った。あと、大切な人がのびやかに動けるよう支えたり寄り添う体で束縛することなく見守り見守る関係な恋愛したいわ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

松浦弥太郎

エッセイスト。2002年、セレクトブック書店の先駆けとなる「COWBOOKS」を中目黒にオープン。2005年からの9年間『暮しの手帖』編集長を務め、その後、IT業界に転じる。ユニクロの「LifeWear Story100」責任監修。「DEAN&DELUCA MAGAZINE」編集長。他、様々な企業の

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品