ダンス・ダンス・ダンス 上 講談社文庫

村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062749046
ISBN 10 : 4062749041
フォーマット
出版社
発行年月
2004年10月
日本
追加情報
:
15cm,415p
15cm,415p

商品説明

『羊をめぐる冒険』から4年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。70年代の魂の遍歴を辿った著者が80年代を舞台に、新たな価値を求めて闇と光の交錯を鮮やかに描きあげた話題作。

内容詳細

『羊をめぐる冒険』から四年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。七〇年代の魂の遍歴を辿った著者が八〇年代を舞台に、新たな価値を求めて闇と光の交錯を鮮やかに描きあげた話題作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
青春時代を彩る一冊です。 いつの日か再読...

投稿日:2019/03/06 (水)

青春時代を彩る一冊です。 いつの日か再読したいような怖いような、、、

ラブマーシー さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
この作品が村上春樹の小説で何度も読み返し...

投稿日:2019/02/06 (水)

この作品が村上春樹の小説で何度も読み返している作品ですね正直、上下巻って、いうのが好きじゃないんですけど、この作品は好きですねえ。

タカキヨウスケ さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
とりたてて長い付き合いというわけでもなく...

投稿日:2012/10/05 (金)

とりたてて長い付き合いというわけでもなく(率直にいうと短い)、深い信頼で結ばれているかというと、そうでもない。しかし好意を抱いたのであれば、その浅深や大小には関係なく、やらなければならないことがある。決して相手のためではなく、自分のために。たとえ後で裏切られることになったとしても。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    間に2つの長編小説その他を挟むのだが、物語としては『羊をめぐる冒険』の続編という風に始まっている。この時期、村上春樹自身がおそらくは置かれていたであろう一種の行き詰まり感を反映してか、小説の冒頭からしばらくは重い。ユキと北海道を出るあたりから、ようやくスピード感が生まれてくるが。それはある種の諦めを受け入れるからでもあるのだろう。ダンスのステップのように、こんな風にしか生きようがない34歳の「僕」。下巻では、新たなステップを踏み出すのだろうか。

  • 遥かなる想い さん

    村上春樹には独特の世界に読者を引き込んでいく魔力のようなものが確かにある。ただし、しばらくすると、話を忘れてしまう悲しさもある。

  • zero1 さん

    すべては繋がっている?多くを失った「僕」は踊ることで再生する?「羊」から4年。34歳になった「僕」。雪の降る札幌で新たな物語が始まった。高度資本主義社会で【文化的雪かき】を生業としていた「僕」は新いるかホテルに宿泊し羊男と再会。上巻で名前が出ない【ホテルの精】に不登校で親からネグレクトされているユキ。耳が素敵なメイは五反田君の映画に出ていた。かっこう。そして事件と刑事の登場。34と13歳の会話は「騎士団長殺し」に通じる。再読だが佐々木マキの表紙が懐かしい。下巻では銀世界からハワイへと舞台が飛ぶ。やれやれ。

  • ハイク さん

    「羊をめぐる冒険」の続編である。以前札幌に行ったとき女性と一緒にドルフィンホテルに宿泊した。その時の女性をキキと言い、その後音沙汰がなかった。彼女と会いたいと休暇を取り札幌に探しに行った。同名のドルフィンホテルはあったが、高層の高級マンションとなっていた。そこで昔のホテルはどうなったのか聞いて回ったが、誰も知っている人はいなかった。前作の羊男と出会い「考えているだけでは駄目で、踊るんだ踊り続けるんだ。そうすれば繋がりの混乱が解消するんだ」と忠告された。ユキと言う女の子に出会う。下巻はどうなるのか期待する

  • tokko さん

    繰り返し読んでいるお気に入りの小説。でも細かいところは忘れてしまっているので、「『特殊な訓練をされている紀ノ国屋のレタス』はこの小説に登場してたのか」等の色んな再発見があった。登場人物も個性的で、影の薄い人物が一人もいない。その人たちの中にどんどん巻き込まれて、「繋がって」いく。なのに物語の展開はフラットな印象を受ける。不思議。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

村上春樹

1949(昭和24)年、京都府生れ。早稲田大学文学部卒業。 1979年、『風の歌を聴け』でデビューを飾り、群像新人文学賞受賞。

プロフィール詳細へ

村上春樹に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド