すいか 1 河出文庫

木皿泉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309412375
ISBN 10 : 4309412378
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
追加情報
:
277p;15

内容詳細

東京・三軒茶屋の下宿、ハピネス三茶で一緒に暮らす血の繋がりのない女性4人の日常と、3億円を横領し逃走中の主人公の同僚の非日常。等身大の言葉が胸をうつ向田邦子賞受賞、伝説のドラマ、遂に文庫化!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アマニョッキ さん

    ドラマが本当に好きだった。キャスト完璧すぎてほぼ全員覚えている。ハピネス三茶の間取りまで覚えている。でもなにより一番覚えているのは、当時まだ彼氏だった旦那と「すいか面白いよね」と語り合っていたこと。そういうことを覚えていられるドラマって、本当の意味で人の心に残っていると思う。ゆかがエンドレスにアイスの当たり引くシーンがめっちゃ好き。このときの市川実日子のかわいさったら。

  • とも さん

    ★★★★ドラマシナリオ。初めシナリオ形式に慣れずに戸惑うものの、個性豊かな登場人物に惹かれる。後半の不穏さが下巻でどのように展開していくのかが楽しみ。

  • 荒草ミエル さん

    先日ドラマを初見、世界観の余韻に浸りたくて購入。台本形式なので、一つ一つのセリフが重要に意味深にも見えるし、やたらと印象的。読み慣れていない形式に馴染むまでちょっと時間がかかったけれど、こんなメリットがあるとは思いもしなかった(笑) 本音を言えば町の情景が表現できないから残念ではあるんだけれど。三軒茶屋の懐かしい描写が読みたかった。とか言いながら2巻へ。

  • チアモン さん

    長年積んでいて、小説だと思い開いてみたらシナリオ本だった。このドラマを好きで見ていた人は良いと思うが、私にはちょっと読みにくかった。俳優さんたちはこのシナリオを渡されて役を演じるのか。想像力がない人には無理そうだなぁ。とりあえず、2も積読しているので、2読んでみます。

  • アサキ さん

    地味なドラマだったが今も根強い人気と聞き、試しに見て納得。台詞を味わいたくて本を読みましたが独特な書き方が面白い。女性刑事の台詞が良い!ドラマでは省略されていたのが残念でした。パッとしない毎日がこんなにいとおしいとは!そこに気づけなかった馬場チャンとの対比がテーマなのかも

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

木皿泉

夫婦で共同執筆している脚本家、小説家。ドラマ「すいか」(向田邦子賞受賞)の放送以来、観る者の心にいつまでも残る作品を生み出しつづけ、その台詞は、「座右の銘」「人生に迷ったときに、ふと思い出す」「胸に沁みいる」と熱い支持を得ている。他のテレビドラマ作品に「野ブタ。をプロデュース」「Q10」「富士ファミ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド