おろしてください 怪談えほん

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265079629
ISBN 10 : 4265079628
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;29

内容詳細

みちにまよったぼくは、ちいさなえきをみつけた。やってきたれっしゃにのりこんだぼくの目に、とびこんできたものは…有栖川有栖と市川友章が描く悪夢のれっしゃがはしりだす。

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年、大阪府生まれ。同志社大学在学中は推理小説研究会に所属。1989年、『月光ゲーム』でデビュー。『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞を受賞

市川友章 : 1977年、千葉県生まれ。東京藝術大学大学院修了。個展、グループ展などで怪人や動物をモチーフにした油彩画、及び木彫作品を発表。LINEスタンプ「怪人スタンプ」がLINE Creators Stamp Award 2014みうらじゅん賞を受賞

東雅夫 : 1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。『幻想文学』と『幽』の編集長を歴任。著書『遠野物語と怪談の時代』で、第64回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    有栖川 有栖は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「怪談えほん」シリーズも読み続けて第3期まで来ました。絵も内容も怖く、私が小学生だったら、『おしっこちょっぴりもれたろう』になってしまいそうです(笑) https://www.iwasakishoten.co.jp/special/kaidan/

  • グレ さん

    表紙からして怖いが、怖いうえに気持ち悪い一冊。サービス満点でこれは好きだな◎ 原作者・有栖川有栖先生の小説も読んでみたい。

  • 馨 さん

    怪談えほんシリーズは夏にぴったりだと思います。今回も不気味な絵で恐さ倍増。たぶん子供時代に読んでいたら大人になっても覚えているくらいのトラウマ絵本になっていると思います。道に迷って、駅に着いて、電車が来れば、普通乗りますよね。。しかし。。。

  • たいぱぱ さん

    怪談絵本シリーズはどれもそうなんですが、完全に大人になった今では「ありがち」と思ってしまいます。でもこの作品を子供の頃に読んだら電車に乗るのが怖くなるでしょうね。それともワクワクしてたかも(笑)

  • aquamarine さん

    怪談えほん3期2作目は大好きな有栖川氏の作品です。裏山を探検していたぼく。道に迷って歩き回り小さな駅を見つけます。やってきた列車に乗り込んでみると……!はたしてぼくは無事におうちに帰ることができるのでしょうか。 市川友章氏のイラストは凄いインパクトで、列車内の変化とともに読み手にもぼくと同じような怖さを運んできてくれます。そして少しだけ息を付けたのもつかの間…ああ!さすがミステリもホラーも手掛ける有栖川氏、絵本でもラストは息を飲み納得です。まさしく題名通りの一冊。でも、じゃあ、ぼくはどうすればよかったの?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品