春鳥つぐみ(Cv: 千菅春香) / 多々音めめ(Cv: 悠木碧) / アーニャ ヘプバーン(Cv: 早見沙織)

人物・団体ページへ

CD

TVアニメ「ソウルイーターノット!」エンディングテーマ 「夕暮れハッピーゴー」

春鳥つぐみ(Cv: 千菅春香) / 多々音めめ(Cv: 悠木碧) / アーニャ ヘプバーン(Cv: 早見沙織)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ZMCZ9309
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
声優 / 声の出演
:

内容詳細

★大久保篤氏が描く、もう一つの「ソウルイーター」が遂にアニメ化!
月刊「少年ガンガン」にて好評連載中!大久保篤先生原作の「ソウルイーターノット!」は、前作「ソウルイーター」の外伝。
どこをとっても『“普通”な少女・春鳥つぐみ』『天然少女・多々音めめ』『ツンデレお姫様・アーニャ・ヘプバーン』の
三人が死武専を舞台に紡ぐ、殺伐だけどウキウキ学園ライフ!2014年4月よりテレビ東京ほかにてTVアニメ放送開始!!

★エンディングテーマは、千菅春香・悠木碧・早見沙織の3人が演じるキャラクターソング!
自称「恋に恋する14歳」の“普通”な少女・春鳥つぐみ(CV:千菅春香)、忘れ癖が激しい天然少女の多々音めめ(CV:悠木碧)、
ツンデレお姫様のアーニャ・ヘプバーン(CV:早見沙織)の個性的な主演キャラクター3人がエンディングテーマを担当!

★豪華クリエイター陣が手掛ける、キラキラな優しい日々を歌うエンディングテーマ!
アニメ本編での“ウキウキワクワク”を優しく包み込むバラード曲を手掛けるのは、作詞に「けいおん!」第1期OPテーマ
「Cagayake!GIRLS」や第1期EDテーマ「Don't say "lazy"」をはじめ、シリーズの歴代主題歌やイメージソングの作詞を
担当する大森祥子。
作編曲にはTVアニメ「氷菓」第1期OPテーマ「優しさの理由」や「黒子のバスケ」イメージソングの宮崎誠が参加。
つぐみたち3人の等身大な日常を、「♪ありがとうね 楽しい日を 明日もね どうぞよろしくね」と優しく真っ直ぐに歌う
ミディアムナンバーに仕上げる!!

★3人が歌うアップテンポなキャラクターソングをカップリングに収録予定!

大久保篤のコミックをアニメ化した『ソウルイーターノット!』のエンディング・テーマは春鳥つぐみ、多々音めめ、アーニャ・ヘプバーンの主演キャラクター3人が歌うミディアム・ナンバー。等身大の姿をストレートに表現したハーモニーが魅力的だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
…コレ、正直、3人の歌声で歌われてるのは...

投稿日:2016/07/31 (日)

…コレ、正直、3人の歌声で歌われてるのは分かるんだけど… 春鳥つぐみ (千菅春香)と 多々音めめ (悠木碧)と アーニャ・ヘプバーン (早見沙織)という3人の声の内、 アーニャの声は他の2人とは完全に違うんで識別は容易いんだけど、 つぐみとめめの声が…ちょっとこの歌の中での音質が、 似ていて…2014年の4月から3ヶ月間放送していたアニメの中でのキャラの声は、 そんなには似てなかったという記憶なんだけど… 当時、気にはなっていたけど当時は予算の都合等もあって買わなかったこのCD を2年経ってから入手する縁が巡ってきて、今、 改めて聴いてみると、このCDに収録の2曲 「夕暮れハッピーゴー」と「Ding-Dong Our HEARTS」 の曲中では、どっちがつぐみでどっちがめめ… っていうか、どっちが千菅春香でどっちが悠木碧の声かが、 何か…2人ともが、どっちの声も声質的に出せる人達なんで…聴いてて、 あれ???…みたいな… (2016年時点の今、この3人が同じ曲を収録すれば、 まぁ、アーニャもう前のままでいいんだけど…つぐみとめめに関しては、 もう少し、きっちりと声の差別化がハッキリした形で、 収録出来るんじゃないのかな… みたいな、そんなことも、ふと思ったり…) とりあえず、 「ソウルイーターノット!」の ニコニコ動画のアニメ公式チャンネルで、 第1話は今も無料で公開してたんで再度視てみて、 つぐみとめめの声とを再確認してから、 再度、曲を聴いてみようと思ってそうしたら… つぐみとめめの声とは再確認出来たけど、 曲中での2人の声の差異はやっぱり、アニメ本編での聴き分けよりも、 微妙な部分があって難しいな、 と再認識する結果になった感じ…アニメの作中では、声の音域は似ていても、 キャラの性格等から来る喋り口調の差とか、でも識別が出来るけれど、 ここの2曲を歌っているメロディの中の歌声からは、 喋り口調の差っていうような情報は、ほぼ得られないんで…難しい… でも、一応、視て確認した甲斐はあって、 やっと、このCDの曲中での3人の声の識別は、 何とか出来るように、なったかな… という感じ… 3人の中で一番高音でクリアに澄んで尖った音の声が春鳥つぐみ、 つぐみと似た高音系だけど少しざらざらな低音域が混ざっているのが多々音めめ、 この2人とは明確に違って、 声に低音の響きが大きく混ざっているのがアーニャ・ヘプバーン… アーニャの声はもう、どっからどう聴いても早見沙織がやってるキャラだな、 という感じの声なんで聴き間違えようもないんだけど…。 とりあえず、 「夕暮れハッピーゴー」 は、スローなメロディで、3人の友情と、 未来の夢に向けて前進していこう、という想いを歌っている感じの曲で、 作品のED曲としては、いい感じに余韻に浸れる曲。 3人の歌声のハーモニーの美しさは癒し系な感じでもあり、同時に、 明日もまた頑張ろう、という応援歌、にもなっている。 で、「Ding-Dong Our HEARTS」 は、「夕暮れハッピーゴー」よりはテンポのいい曲調、 歌声も、より元気に力強くって感じ… テーマ的には、ほぼ同様な感じで、より夢や未来に向かって、 という部分の思いやときめき感に力点を置いた曲って感じかな… ともかく、 どっちの曲も3人の歌声のハーモニーは綺麗で、爽やかで、 好感が持てる曲だな、 という印象。 今回、個人的には…千菅春香の1stアルバム「TRY!」を買って聴いて、 それから、発売日は前後するけど、 早見沙織の「Live Love Laugh」を買って聴いて、という縁が巡って来た、 その流れで、ふと、 2年前のこの曲のことを思い出して、改めてじっくり聴いてみようかな、 と思って入手してみたんだけど… その甲斐は、それなりにあったんじゃないかな、と満足しています。

♂猫Junn-Junn さん | 東京都 | 不明

0

TVサウンドトラック に関連する商品情報

おすすめの商品