俺俺 新潮文庫

星野智幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101164526
ISBN 10 : 4101164525
フォーマット
出版社
発行年月
2013年03月
日本
追加情報
:
342p;16

内容詳細

第3回 大江健三郎賞受賞!
主演:亀梨和也 脚本・監督:三木聡 で映画化!!


なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった俺は、気付いたら別の俺になっていた。上司も俺だし母親も俺、俺ではない俺、俺たち俺俺。俺でありすぎて、もう何が何だかわからない。増殖していく俺に耐えきれず右往左往する俺同士はやがて――。
他人との違いが消えた100%の単一世界から、同調圧力が充満するストレスフルな現代社会を 笑う、戦慄の「俺」小説!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ちょっとした出来心でオレオレ詐欺を働いた...

投稿日:2018/12/11 (火)

ちょっとした出来心でオレオレ詐欺を働いた1人の男。その日を境に、俺が増殖されていく。 同僚、友人、他人、そのほとんどの人間が俺で侵されていく。 俺、俺、俺、俺、俺、俺だらけの世界。石田徹也のカバーイラストがしっくりくるカオスで奇妙な異空間。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かみぶくろ さん

    なかなか含蓄深い現代の風刺劇。他者と分かり合いたいのに分かり合えなくて淋しいから、全員俺に均一化して意思疎通してみたら、今度はやっぱり自己としての俺に戻りたくなる、そうするとまた他者のことが分からなくなる、っていう無限ループ。他者と分かり合えないことも「俺」が社会において完全に代替可能であることも、すごく良く分かるんだけど、なんというか「所与の前提」な気がするから、今更パニくることでもあるまい、とは思った。でも正面から粘っこく描き切っているところに好感。

  • hit4papa さん

    忘れものの他人の携帯で戯れにオレオレ詐欺を働いた主人公。やすやすと金をせしめた途端、被害者の女性が訪れ主人公を息子として扱うようになります。それを契機に、あちこちに自分=俺が増殖しちゃうっていう、自我崩壊不条理小説です。皆んながそろって俺になっちゃって、俺俺というわけですね。姿かたちは別でも、皆が俺だと認識してしまいます。同じ俺なのに、気の合う俺と虫が好かない俺の存在。さてさて、世の中に溢れる俺(俺たち)の運命やいかに。混乱の極みですが、俺のつながりにもうひと工夫欲しいところです。【大江健三郎賞】

  • さっとる◎ さん

    これは恐ろしい本。まさに戦慄の俺小説。他人に囲まれた社会にストレスを感じる。誰もがそうだろう。圧倒的に分かり合える「自分」が「他人」だったら。周りみんな俺。ユートピアがひろがる。しかしながら直視したくない自分ってのが、いる。認めたくないあいつも俺。ユートピアかと思えたそこがディストピアに変貌する。他人が自分ではなく他人であること。自明すぎるくらいに自明でありながら、根本的なストレスとなり得るそこに真っ正面から切り込んだ怪作。自分を信用するのは思いの外難しい。しかし誰もがそれを望んでいることに希望はある。

  • きっしぃ さん

    俺が増殖って、バカバカしい話なのかと思ってたら、だいぶ違った。ブラックなのか、シュールなのか、痛々しい気持ちになればいいのか、なんなのか…。うーん…。読んだタイミングが悪かったのもあり、最後流し読みでした…ごめんなさい(´・ω・`)

  • Tui さん

    自分みたいな人や、同じと思える相手といるのは、心地よくて正直ラクちんだ。でももし、周りがそんな俺(私)ばかりだとしたら、そこは果たしてユートピアだろうか。自分みたいな相手を仮に見つけても、自分ではもちろんないから、いずれ相違点が気になってくるだろう。さらに似ている点そのものが嫌いになったら、相手は憎悪と抹消の対象となるだろう。その先にあるものは、推して知るべしだ。似てる似てない、合う合わない、といった主観から自由な付き合いができたら、どれだけ気楽だろう。私の皮膚感覚にとって、えらく切っ先鋭い本でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品