笑うマトリョーシカ

早見和真

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163911502
ISBN 10 : 4163911502
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
追加情報
:
418p;20

内容詳細

四国・松山の名門校に通う二人の男がいた。後に代議士となった男は、周囲を魅了する輝きを放っていた。秘書となったもう一人の男は、彼を若き官房長官へと押し上げた。「この政治家が、もしも誰かの操り人形だとしたら?」最初のインタビューでそう感じた女性記者は、隠された過去に迫る。

【著者紹介】
早見和真 : 1977年、神奈川県生まれ。2008年、『ひゃくはち』で作家デビュー。2015年『イノセント・デイズ』で日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。2020年『店長がバカすぎて』で第一七回本屋大賞ノミネート。同年『ザ・ロイヤルファミリー』で山本周五郎賞とJRA賞馬事文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    早見 和真は、新作中心に読んでいる作家です。タイトルと表紙からユーモア小説かと思いきや、早見 和真&政治家小説のMyBEST、今年のBEST10候補です。予想を裏切るスリリングな展開、アドルフ・ヒトラーの領域、著者版令和の「砂の器」、末恐ろしい小説でした。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163911502

  • ALATA さん

    官房長官に上り詰めた清家と有能な秘書鈴木、後援会長佐々木の3人は愛媛の名門校からお互いの目標を達成すべく“桃園の誓い”果たすこととなる。中盤から恋人の失踪、敬愛する代議士の不審死、マインドコントロールなど目を離せない展開に。「この男が、もしも誰かの操り人形だったら?」スピーチライター、妖艶な母親、精神科医、終盤のたたみかけに脱帽です★4※ヒットラーのカリスマ性はハヌーセンなる人物よるものと初めて知った。不気味に笑うマトリョーシカはだれなのか?

  • 吉子 さん

    政治の世界を垣間見たような面白いストーリーだった。清家一郎はどういう人物なのか。「ニセモノ」を完璧に操れる「ホンモノ」のブレーンは一体誰なのか。答えを知りたくて夢中で読んだ。政治家はペルソナを被って、見せたい自分を演じている、仮面をはがすとまったく違う顔が出てくるって・・そんな生活、疲れるだろうな。タイトルの笑うマトリョーシカ、すごく納得♪♪

  • 速読おやじ さん

    イノセントデイズ、店長がバカすぎての次に読んだ早見作品がコレ。最高に面白かった。誰かに操られているニセモノの政治家の本当の顔は?誰が操っていたのか?ミステリー色も勿論残しながら、人間の本質に切り込むと言ったら大袈裟か。表に出ている部分が本物かニセモノか、他人には区別がつくのだろうか?そして、本人はそれをコントロールしているのだろうか?三浦瑠麗の推薦文が良い「冷酷とは真に空っぽであることなのか。怖気だつような人間の貌。ルサンチマンのもたらす破壊力はかくもすさまじい」。弱者か敵わない強者に抱く嫉妬、憎悪か。

  • いつでも母さん さん

    やぁやぁ、これは面白い!面白かった。「ホンモノ」と「ニセモノ」・・もうこれは何なのだろう。いなくなった彼女の事もちゃんと回収してくれてホッとしたのに、もはや全てが怪しくてどこに真実があるのか、振り回されて私の脳はグルグル状態。要所で出てくるマトリョーシカ人形が不気味過ぎた。早見さんにやられちゃった満足感でいっぱい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品