黄昏の百合の骨 講談社文庫

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062756945
ISBN 10 : 4062756943
フォーマット
出版社
発行年月
2007年04月
日本
追加情報
:
15cm,405p

内容詳細

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年宮城県生まれ。第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった『六番目の小夜子』で’92年にデビュー。’05年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞、’06年『ユージニア』で日本推理作家協会長篇および連作短篇集賞を受賞。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジーなど、あらゆるジャンルで活躍し、物語の圧倒的な魅力を読む者に与えてくれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • SJW さん

    百合の香りに包まれた洋館に来た高校生の理瀬は叔母二人と住むことになった。魔女の館と呼ばれているその理由を探るうちに周りで毒殺や失踪などが起こっていくミステリー。「麦の海に沈む果実」に出てくる理瀬が学園を去ってからの物語だが、「麦の海」よりファンタジーの要素は少なく、より現実的なサスペンスで、最後のどんでん返しは予想できなかった。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    三月その4。理瀬のお話。独特の雰囲気が漂いながら最後の急展開がイイ感じ。

  • naoっぴ さん

    【ミステリ週間@月イチ】面白かった〜。百合の香り溢れる洋館で起きる不穏な事件。そこで事故死した祖母の謎の遺言。失踪した高校生。ジュピターとは何か?多くの謎に加え、主役の理瀬も同居の叔母二人も従兄弟たちも、みな何か腹に隠していて、物語全体がミステリアスで妖しい雰囲気。前作「麦の海に沈むー」同様少女マンガのようなきれいな雰囲気はとても好みだし、彼らの洋館の真相を知りたくて気づけば一気読みでした。シリーズ次作も読まねば♪

  • タカユキ さん

    「麦の海に沈む果実」の続編。今作はミステリー色が強く、数多くの伏線や謎が散りばめられていて、不気味で静かな世界とともに魅了され没頭してしまった。祖母の奇妙な遺言の為に近所の人から「魔女の館」と呼ばれる古い屋敷に住むことになった高校生の理瀬。屋敷に住む血の繋がらない叔母たち、祖母の法事の為に訪れる従兄弟たち。その謎だらけの人物たちの中で不可解な事件が起きる!ミステリーとしても、どんでん返しの連続で最後まで気が抜けない。ドロドロして悪意が渦巻いているのに、美しいと感じさせる恩田陸ワールドに圧倒されてしまった!

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    この作品も大好きです。つまりは理瀬シリーズ自体が好きなんですね^^謎めいた家で起こる不気味な出来事や謎めいた癖のある姉妹、真相に近づく過程にどきどきしてしまいます。やっぱり、人間が意識しない悪意こそ一番、怖いと言う事実に戦慄するしかありませんし、それを理解している理瀬たちに共感してしまいます。最後の展開にもぞくりとするしかありません。早く、「メフィスト」で掲載されているこのシリーズの続きが読めることが待ち遠しくて仕方ありません><

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年、宮城県生まれ。92年、小説『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品