蜜蜂と遠雷 下 幻冬舎文庫

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344428539
ISBN 10 : 4344428536
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
508p;16

内容詳細

2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた…。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは―。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年「ユージニア」で日本推理作家協会賞、07年「中庭の出来事」で山本周五郎賞、17年「蜜蜂と遠雷」で直木三十五賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南北 さん

    二次予選の後半から本選までが描かれています。上巻同様読んでいて楽しいと思える本です。連載に7年かかったそうですが、著者が苦心したとは感じられないほど一気に読むことができました。ピアノコンクールという日常とは異なる世界、そこに出場するだけでも膨大な時間を費やして練習してきた人がそれでも悩み、苦しんだりしながら演奏していくところは全く経験したことがないのに不思議と共感できました。映画化やアニメ化の話もあるようなので、今後とも楽しみな作品です。今度読むときは曲を聴きながらというのもいいかもしれません。

  • 白いワンコ さん

    主役は栄伝亜夜。七年(!)に渡る長い執筆期間、めくるめく逡巡の果てに辿り着いたプロットなのだろう。コンクールの結果がそれに深みを与えている。文章量として本選のコンチェルトをもっと読みたかった気はするが(第三次予選長くないか?)、オーケストラが大作を演奏するにも似た、その場限りの執筆の妙を楽しむべきなのかも。蛇足ですが、幻冬舎の見城徹社長に、以前ちょっとだけ誉められたこたがあるという個人的な自慢も付記しておきます 

  • ソルティ@コミュ開店休業状態ゴメン💧 さん

    下巻は演奏中のイメージ描写が長くてやや退屈。上巻の方がテンポ良かった。誰か落ちるだろう、と思ってたらやっぱり、でも賞をもらえたシーンは嬉しくて涙。あと、3人は仲良くなったのにそこだけ接点ないの?と思ったら亜夜が、あなたのピアノ好きです、と。そこもちゃんと聞いてたんだ!と嬉しい。3人は天才すぎてやや共感できないのが残念だがお互い高め合い、ハッピーで良かった!「あたしたちは、みんな音楽から与えられることばかり考えていて、返してこなかった。搾取するばっかりで、お礼をしてこなかった。そろそろ返してもいいわよね。」

  • ponpon さん

    芳ヶ江ピアノコンクールも二次予選へ。3人の天才らはどのようなピアノを聴かせてくれるのだろうかと期待しつつ作品世界へ。3人は良い意味でのライバルで、相互に影響を与えつつ、其々の成長の糧にしているとの印象。特に栄伝亜夜の精神的成長は著しく上巻とは別人のよう。コンクール後の其々の演奏活動も想像してしまいます。活字だけなのに演奏の様子が脳裏に浮かび作品世界に没入でき、500頁超の厚さながら頁を繰る手が止まらない面白さ。読後はしばし呆然となってしまいました。凄い作品と出逢えて良かったです。

  • 三代目 びあだいまおう さん

    頭の中で拍手喝采が鳴り止まない!悔しいがこの感動と余韻を言葉で表現できない!上巻で感じた表現の可能性、下巻はまるでレヴェルが違う!読者が体験する、大自然を思いのままに飛翔するかのごとき読み心地!全身の細胞が悲鳴をあげる初体験の感動!楽譜という『言語』と、演奏者が奏でる楽譜以外の『非言語』 演者と聴者の双方向コミュニケーションが生む世界言語の感動!出会いと気付き、演者の感性と聴き手の感受性が、瞬時の爆発的進化を演奏者にもたらす!宇宙の拡がり深さに匹敵する音楽の魅力と魔力、若さの無限の可能性を思い知る‼️🙇

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年、宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞、17年『蜜蜂と遠雷』で直木三十五賞と二度目の本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド