蜜蜂と遠雷 下 幻冬舎文庫

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344428539
ISBN 10 : 4344428536
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
508p;16

内容詳細

2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた…。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは―。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年「ユージニア」で日本推理作家協会賞、07年「中庭の出来事」で山本周五郎賞、17年「蜜蜂と遠雷」で直木三十五賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南北 さん

    二次予選の後半から本選までが描かれています。上巻同様読んでいて楽しいと思える本です。連載に7年かかったそうですが、著者が苦心したとは感じられないほど一気に読むことができました。ピアノコンクールという日常とは異なる世界、そこに出場するだけでも膨大な時間を費やして練習してきた人がそれでも悩み、苦しんだりしながら演奏していくところは全く経験したことがないのに不思議と共感できました。映画化やアニメ化の話もあるようなので、今後とも楽しみな作品です。今度読むときは曲を聴きながらというのもいいかもしれません。

  • 相田うえお さん

    ★★★★☆19039 4人のピアニスト、塵、亜夜、マサル、明石、ひとりも欠ける事なく最後まで残れよ〜と感情移入!特に明石は他の3人よりも長けた才能がある訳でもなく、寝る時間を削ってまで努力してたので贔屓してたんです。それだけに奨励賞,菱沼賞連絡のシーンは感無量〜。蜜蜂王子もいいねぇ〜。彼が演奏していると、こちらまで鳥肌が立ちそうになるんです。そうかぁ、他の読者さんもレビューに書いてたけど、恩田さんは文章でピアノを弾く事が出来るんですね。これから蜜蜂と遠雷ピアノ全集CDに付いていた短編小説を読まなきゃ!

  • 小説を最初に書いた人にありがとう さん

    上下巻を読了するのに思いの外、時間を要してしまった。音楽と言う自分と繋がりの無い世界の話の割に興味深く読み進められたが心理描写や音楽の深層世界に苦戦を強いられたのも事実。しかしながら時に感動し、知らなかった知識に感銘を受けながら愉しむことが出来た。主な登場人物の風間塵、栄伝 亜夜、マサル・カルロスのコンクールでの演奏シーンは文字で音楽が聴こえる、作者の恩田陸さんの筆力には驚いた。恐らく読んだ人の多くがやっていると思うがYouTubeで演奏した楽曲を聴きながらの読書が最高の贅沢だった。

  • 白いワンコ さん

    主役は栄伝亜夜。七年(!)に渡る長い執筆期間、めくるめく逡巡の果てに辿り着いたプロットなのだろう。コンクールの結果がそれに深みを与えている。文章量として本選のコンチェルトをもっと読みたかった気はするが(第三次予選長くないか?)、オーケストラが大作を演奏するにも似た、その場限りの執筆の妙を楽しむべきなのかも。蛇足ですが、幻冬舎の見城徹社長に、以前ちょっとだけ誉められたこたがあるという個人的な自慢も付記しておきます 

  • Suguru さん

    最後はそこに落ち着いたかぁ。そうだよねーって率直な感想ですが、本当に面白くて読み進めるのがもったいない本でした。この本に出会えたことに本当に感謝!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、06年「ユージニア」で日本推理作家協会賞、07年「中庭の出来事」で山本周五郎賞、17年「蜜蜂と遠雷」で直木三十五賞と本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品