ブラザー・サン シスター・ムーン 河出文庫

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309411507
ISBN 10 : 4309411509
フォーマット
出版社
発行年月
2012年05月
日本
追加情報
:
229p 15cm(A6)

内容詳細

ねえ、覚えてる?空から蛇が落ちてきたあの日のことを―本と音楽と映画、それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。高校の同級生、楡崎綾音・戸崎衛・箱崎一のザキザキトリオが過ごした大学時代を描く、青春小説の新たなスタンダードナンバー!本編に加え、三人の出会いを描いた単行本未収録作「糾える縄のごとく」、さらに文庫版特別対談「恩田陸、大学の先輩と語る」を収録。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年、宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞・本屋大賞、06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • SJW さん

    大学生時の思い出を中心にした恩田さんの自叙伝的小説。早稲田における恩田さんの大学時代の生活や音楽クラブの活動の様子を垣間見ることができた。昔の思い出の記述が散りばめられていて、読みにくかったが何の意味があるのか分からない。

  • りゅう☆ さん

    誰でもない時代。引き延ばされた猶予期間。インターバル。幕間。そんな大学4年間を過ごした楡崎綾音。「やっぱり書いてるんでしょ?」の一言で運命が動きだす。モダンジャズ研究会でベースに明け暮れた大学時代を過ごした戸崎衛。まさかの映画監督になった箱崎一。「映画みたいに語りたい」という知人の言葉が心に残る。高校の時に空から降ってきた蛇が泳ぐのを見たザキザキトリオ。恩田さんの自伝的小説だそう。綾音の思う大学の定義に共感。今年大学生になった次男。でも大学に通うこともままならなず、そういうのが未知なのがなんともいえない。

  • サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥) さん

    恩田陸の自伝的小説。巻末には、実際にこの本のモデルとなった人たちとの対談もあって面白い。自分の学生時代はどうだったろう。誰でも懐かしく思い出す友達はいるよね。やっぱりあの頃は楽しかったなあ〜って。戻りたくても戻れない学生時代。★★★

  • はらぺこ さん

    第三部が読み難く感じたんですけど、映画監督やからって事でしょうか? 小説の内容より伏字にされたりしてぼやかしてる部分が気になりました。アメリカのPという雑誌の日本版でグラビアやってたK嬢って誰やろ?あっ、伏字が続いてたので第二部は学年表記で戸惑いました。自分は芸人さんがこの言い方でギャラの数字部分を表現してたので分かりましたが、注釈が無いのでコードを知らない人には分からんかったのではないでしょうか。 戸崎が繰り返し聴くことになるある曲って何やろ?気になります。  「禍福は糾える縄の如し」

  • NADIA さん

    第1部を読み始めて「あれ?これエッセイだったんだ」と思った。本名は「楡崎」という作者が当時の学生生活を語っていると、第2部に入るまでエッセイだと信じ込んでいた。実際、この登場人物が語っているのは作者の経験に基づいているものも多いらしい。第2部、第3部で語り手が高校の同級生だった男子学生に代わったのでようやく小説を認識(^^; W大の音楽系サークルでは1年生を「C年」、2年生を「E年」と呼ぶらしい。同じ音楽系でも私の出身校はそういう慣習はなかった。何だかカッコいいなあ、と感心。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品