世界から猫が消えたなら 小学館文庫

川村元気

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094060867
ISBN 10 : 4094060863
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
追加情報
:
229p;15

内容詳細

感動のベストセラー、早くも文庫化!

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、奇妙な取引を持ちかけてくる。
「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」
僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計……僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。
二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

【著者紹介】
川村元気 : 1979年生まれ。東宝にて映画を製作。2011年に優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。『世界から猫が消えたなら』が初の著作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もしも身近な何かが消えたなら、どうするだ...

投稿日:2018/11/09 (金)

もしも身近な何かが消えたなら、どうするだろう。どう感じ、どう過ごすだろう。少し哲学的で、家族や恋愛について考えるきっかけになる内容。映画と併せるとより楽しめます。

jaejae さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
テンポが良く、とても読みやすい小説です。...

投稿日:2018/11/09 (金)

テンポが良く、とても読みやすい小説です。読んで泣いたりはしないだろう、と思っていましたが、お母さんからの手紙のところで落涙…! 失って初めて気づく存在について考えさせられました。

stpoo さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
脳腫瘍が発見され余命宣告を受けた僕。絶望...

投稿日:2018/11/09 (金)

脳腫瘍が発見され余命宣告を受けた僕。絶望する僕のもとに派手なアロハを着た僕そっくりのチャラい悪魔が現れます。寿命を1日伸ばす代償として、世界から何か1つをなくすというのです。 軽いリズミカルな文体で、ファンタジーのつもりで読み始めたのですが、生きることや家族について考えさせられ、哲学的でした。 猫が喋る言葉がちょっといただけなかったり、すぐに死ぬ予定の重篤な病人なのに、走ったり、自転車をとばしたり、苦笑してしまうとこもたくさんあるんだけど、そこは、目をつぶれます。 生きてくのに大切なのは、愛を持つことなんですね。幸せは思いやりから。死と隣り合わせになって、やっと気づくのは悲しい。でも、気づかないよりは幸せだったのかな。ホロリと泣けてきます。そして、猫は幸せの象徴なんですね。 最近人間関係がうまくいかないなぁとか、寂しいなぁとか、なんだか元気が出ないなぁって方に是非読んで欲しいです。

おかき さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    気になっていたので文庫になったのをきっかけに読了。映画化決定しているようです。2時間ドラマぐらいで良くないか?と思えますが・・。お堅い文面の本ばかり読んでいたので本書は割とあっさりとさらっと読めました。軽い感じの文章のせいかあんま感動しなかったです。お母さんの思い出と、お母さんが本当に願ってたことを知ったシーンはちょっときましたけど。私も親に感謝しないといけないし後になって後悔するのは嫌だなと思います。キャベツが可愛い!!

  • やな さん

    8年前に亡くなった母を思い出し泣いた(T_T)ありえない話やけどいろんなことを考えさせてくれる本でした。

  • 徒花 さん

    KUにて。あんまりおもしろくなかった。@自分語りが多い A文章の密度が薄い B物語の展開が単調で先を読むワクワク感がない C「生と死」なのか「家族」なのか「時間」なのか「愛」なのか、テーマが曖昧でぼやけている D言葉の使い方が陳腐で、「読む快感」がない……あたりが原因だろうか。ただ、しゃべるキャベツはかわいい。それだけ。あと、タイトルの付け方がうまいのと、「猫」を前面に押し出しているあたりは、どうすれば「売れる」のかをわかってはいると思う。しかし、また読みたいとは思わない本ではある。

  • にいにい さん

    初川村元気さん。喪失の物語?死期を間近に感じる青年の心を追う。悪魔が出現したり、猫が喋るのはご愛嬌。延命のために消去したものの大切さは、伝わってこなかったのに、猫は、母との想い出を強く残すために...という展開に違和感も。ちょっと彼方此方で言い古されたことを再掲して、身近なものの大切さ、常に自身の死を思考の片隅において生きることを考えさせてくれた一冊。面白くサラッと読めるし、涙を誘う部分もあるから、一読するのも悪くなかった。猫が可愛くて全てOKなんだけど、お母さんの手紙も後押し。

  • た〜 さん

    これはなかなか素晴らしい。割と重たいテーマを至極軽ーく展開。要するにこれ自体が手紙ってことなのだろうけれど・・・もし本当にこれだけの物量の手紙が来たらかなりビビるな(笑)。ところで電話が消えた世界で平気で電話について会話していて、そのことについて華麗にスルーなのがちょっと気になる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川村元気

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。14年、絵本『ムー

プロフィール詳細へ

川村元気に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品