島田秀平の怖い話 真夜中の恐怖ひとり語り KAWADE夢文庫

島田秀平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309485164
ISBN 10 : 4309485162
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
220p;15

内容詳細

どこにでもある平穏な日常や、誰もが体験する風景が一瞬にして凄まじい恐怖に変貌する「島田流・怖い話」の数々。“最恐の怪奇譚ライブ”が、いま始まる…。

目次 : 1 マジで怖い話(ツイッター/ 合コン ほか)/ 2 ゾゾゾ〜ッと怖い話(ストーカー/ トンネル ほか)/ 3 やっぱり怖い話(不在着信/ 湯神 ほか)/ 4 驚くほど怖い話(郵便配達員/ 13階段 ほか)

【著者紹介】
島田秀平 : 1977年12月5日生まれ。長野県出身。お笑い芸人。怪談や首都神話の語り部として活躍中。トークライブ「未確認噂話・首都神話」を10年以上、月に一度開催し、2018年からは怪談ライブ「島田秀平のお怪談巡り」も全国で展開中。また、仕事で知り合った「原宿の母」に弟子入りし、「島田流手相術」を完成させた。テレビ、ラジオのレギュラー番組や、新聞、雑誌の連載も多数。ホリプロコム所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふじこ さん

    島田さんが聞いたり実際に体験した奇談・怪談を36話収録。特にひとりかくれんぼの話はやり方を読んだだけで寒気がしてくる。一人暮らしの家に帰ると…という話が多くて家でひとりで読みながらふるりと震えた。今日は玄関に盛り塩をして寝ます。

  • たけとり さん

    2012年に出た本の文庫化。そのせいか、結構知ってる話が多くて新鮮味はあんまりなかったかなぁ。でも装丁がシンプルで、おどろおどろしい挿絵でびっくりさせてくることもないので、怖い話を純粋に楽しみたい人にオススメ。話し言葉でそのまま書かれているので、読みやすい。でも怖い。

  • パトリック さん

    同名単行本の文庫化。以前も言ったように怪談の書き手と語り手は違う。優れた書き手が優れた語り手ではないこと。雰囲気や話術(間とか)が重要になってくる。しゃべりゆえしつこく描写する必要があり、それをそのまま文字にすると不自然なこともある。そういう意味でも新味のある話はほとんどない。蛇足気味に付け加えれば、百物語は「ろうそく」を消していくのではなく「灯心」を消すのが正式です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

島田秀平

1977年12月5日生まれ。長野県出身。お笑い芸人。怪談や首都神話の語り部として活躍中。トークライブ「未確認噂話・首都神話」を10年以上、月に一度開催し、2018年からは怪談ライブ「島田秀平のお怪談巡り」も全国で展開中。また、仕事で知り合った「原宿の母」に弟子入りし、「島田流手相術」を完成させた。テ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品