能・狂言 説経節 曾根崎心中 女殺油地獄 菅原伝授手習鑑 義経千本桜 仮名手本忠臣蔵 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集

岡田利規

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309728803
ISBN 10 : 4309728804
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
追加情報
:
842p;20

内容詳細

旅僧が海人の亡霊に会う夢幻能「松風」(世阿弥作)、お使いの途中に太郎冠者が脱線していく「木六駄」など能・狂言六篇。出家した刈萱道心と妻子の旅路を描く「かるかや」。遊女お初と手代徳兵衛の悲恋を綴った「曾根崎心中」と、油店の女房殺しをモダンに描いた「女殺油地獄」の近松二作。菅原道真と藤原時平の対立から、書道の奥義伝授や三つ子の忠義を叙情豊かに綴る「菅原伝授手習鑑」、義経弁慶の逃避行と平維盛、知盛らの壮大な復讐劇「義経千本桜」、赤穂四十七士の仇討ちを『太平記』の世界に移し替えた「仮名手本忠臣蔵」の浄瑠璃三大名作。すべて新訳・全訳を収録。

目次 : 能・狂言(岡田利規訳)/ 説経節(伊藤比呂美訳)/ 曾根崎心中(いとうせいこう訳)/ 女殺油地獄(桜庭一樹訳)/ 菅原伝授手習鑑(三浦しをん訳)/ 義経千本桜(いしいしんじ訳)/ 仮名手本忠臣蔵(松井今朝子訳)

【著者紹介】
岡田利規 : 1973年生まれ。劇作家・小説家。97年、チェルフィッチュを結成。05年に『三月の5日間』で岸田戯曲賞受賞。07年に小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を発表し、大江健三郎賞受賞

伊藤比呂美 : 1955年東京生まれ。詩人・作家。『ラニーニャ』で野間文芸新人賞を受賞。2006年詩集『河原荒草』で高見順賞、07年『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、08年紫式部文学賞を受賞

いとうせいこう : 1961年生まれ。作家・クリエイター。88年『ノーライフキング』でデビュー。99年『ボタニカル・ライフ』で講談社エッセイ賞、2013年『想像ラジオ』で野間文芸新人賞受賞

桜庭一樹 : 作家。1999年デビュー。2003年開始の“GOSICK”シリーズや、04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が高く評価される。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞受賞

三浦しをん : 1976年東京生まれ。作家。2000年『格闘する者に○』でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、12年『舟を編む』で本屋大賞、15年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞受賞

いしいしんじ : 1966年大阪生まれ。作家。03年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、16年『悪声』で河合隼雄物語賞受賞

松井今朝子 : 1953年京都生まれ。作家。松竹株式会社で歌舞伎の企画・制作に携わる。97年『東洲しゃらくさし』でデビュー。同年『仲蔵狂乱』で時代小説大賞、2007年『吉原手引草』で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この巻には、おもに人に見せるための作品が収められています。しかも現代訳でかなり興味を持って読みました。能・狂言は岡田利規で、訳していると現代音楽(例えば卒塔婆小町だと中島みゆきとか)が頭に浮かぶと言っています。また伊藤比呂美さんの説教節は読んでいてかなり気持ちがよくなります。曾根崎心中がいとうせいこう、女殺油地獄が桜庭一樹、菅原伝授手習鑑が三浦しおん、義経千本桜がいしいしんじ、仮名手本忠臣蔵が松井今朝子で豪華な顔ぶれです。まるっきり原作とは異なる作品としても面白いと感じました。

  • starbro さん

    池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ第ニ十ニ弾です。本全集の最長頁巻(読書メーター上では640Pですが、実際は842Pです。)ではないでしょうか?タイトルは知っていても、ほんど読んだことがない能・狂言・浄瑠璃の世界、貴重な経験です。原文を読んでいないので正確にはわかりませんが、オーソドックスで読み易い現代語訳です。能・狂言はやっぱり舞台が好い(特に幽玄な薪能)ですが、浄瑠璃の作品を堪能しました。オススメは三浦しをん訳の「菅原伝授手習鑑」、いしい しんじ訳の「義経千本桜」です。

  • 都わすれ さん

    能、狂言、歌舞伎、浄瑠璃、説経節の現代語訳。能「松風」は古今集、源氏物語などの説話からなる夢幻能の雰囲気を保ちつつ、能がより親近感を増し、幽玄な能舞台を見たいと思わせる。伊藤訳「かるかや」は母、父と子の情の世界を中世の唱導者が語って歩いたように活き活きした熱い情感が伝わってきた。人形浄瑠璃の曾根崎心中は韻文調が心地よく、女殺油のやるせなさ、近松のカタルシスな物語が、人形が演じることによって美しさを感じる舞台を観たい衝動にかられた。歌舞伎の重層的な物語の荒唐無稽さと根底に怨霊信仰が見え隠れする面白さを知った

  • ぐうぐう さん

    能・狂言、説経節、浄瑠璃を収めた『日本文学全集』第10巻。全集の既刊分はすべて読んできたが、今巻が一番読み応えがあったかもしれない。岡田利規・訳の能・狂言、伊藤比呂美・訳の説経節も楽しいが、なんといっても浄瑠璃だ。「曾根崎心中」「女殺油地獄」「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」、そして「仮名手本忠臣蔵」という、なんともゴージャスなラインナップがたまらない。しかも、いとうせいこう、桜庭一樹、三浦しをん、いしいしんじ、松井今朝子がそれぞれ訳しているのだから、贅沢すぎる。(つづく)

  • syota さん

    【第5回江戸時代を知る「テーマ:浄瑠璃・説経節(説教節)・講釈」に参加】説経節の『かるかや』と、併せて能・狂言6作を読んだ。『かるかや』は伊藤比呂美さんの訳が相変わらず絶好調。ただ内容は親子地蔵の縁起を語るもので、お涙頂戴や勧善懲悪の要素が薄いため『小栗判官』や『しんとく丸』のような派手な面白さには欠ける。図書館で原文をちらっと眺めたが、こちらは七五調の名調子のオンパレードで、さすが口承文芸と納得。(続)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品