南の光のなかで

山尾三省

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787701831
ISBN 10 : 4787701835
フォーマット
出版社
発行年月
2002年04月
日本
追加情報
:
20cm,259p

内容詳細

目次 : 息子の旅立ち/ 山鳩の鳴き声/ お昼寝の散歩/ 娘の出発/ 桃の花と菜の花/ 風来坊のクロ/ 母の紫色/ 赤ちゃん誕生/ 星を眺める露台/ ハマゴウの花/ 「心安うになあ」/ 絶望の帽子/ 時の彼方へ/ 善い日/ 子供達への遺言・妻への遺言

【著者紹介】
山尾三省 : 1938年、東京・神田に生まれる。43年から48年まで山口県油谷町へ疎開。58年、早稲田大学文学部西洋哲学科に入学。60年安保闘争に参加後、大学を中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73年、インド・ネパールの聖地を巡礼。75年、東京・西荻窪のホビット村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • koji さん

    このごろ少し手に取りたくなって読んだ、ずっと心の中で熟成を待っていた本。まだ三省氏の思い全てを諒解するには自分は青いのだと感じるが、その言葉とひととなりに魅力を深く感じる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山尾三省

1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73〜74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品