はじめての明治史 東大駒場連続講義ちくまプリマー新書

山口照臣

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480683380
ISBN 10 : 4480683380
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
271p;18

内容詳細

「幕府はどうして倒れたのか?」「日露戦争はなぜ起きたのか?」など、近代史の謎に第一線の歴史家が挑み、学生の鋭い問いに答える。スリリングな講義の実況中継。

【著者紹介】
山口輝臣 : 1970年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。専門は日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    むむ、「はじめての」と冠してあるが、随分読むのに骨が折れましたが……。やはり東大で行われた講義だからなんですかね。ちくまプリマーを読む層としては、トップレベルの高校の文系志望者、または史学部を受験しようと考えている学生というところでしょうか。興味深い議論がなされています。

  • niisun さん

    『平成論』に続いて『明治史』を読んでみました。やはり、維新を先導した元老や天皇の活躍が目立ち、この時代までは偉人達の歴史なんだよなぁ〜と改めて感じました。“幕府はどうして倒れた?”“武士は明治をどう生きた?”“日露戦争はどうして起きた?”あたりは、様々な歴史小説や歴史を扱う番組などで聞いた話も多かったですが、“内閣制度はなぜ導入された?”“華族とはいかなる人たち?”“明治はどう終わった?”などでは知らないことが多く、つくづく、今の日本の有り様が如何にしてなったかについて不勉強だなと、反省するばかりでした。

  • Nobu A さん

    手に取った人気書を読了。東京大学での6名の教授による7連続講義を収録。明治史を焦点に当て専門家が「幕府の衰亡」や「武士の変遷」等各領域を担当。学生時代には面白いと思えなかった歴史の一部を様々な視座から掘り下げていく。年号や表面的な内容暗記だった無味乾燥な時代が立体的に浮かび上がってくる感覚。同時に、予想以上の詳細で若干難解な歴史に知識不足も認識(苦笑)。だって、興味があるだけで歴史の造詣も深くないし、東大生対象だもん。関連書を読み、再読したら、更に楽しめそう。いつも思うが、歴史には不思議な魅力がある。

  • shun さん

    明治維新からに日露戦争までを美化する傾向にあるが、事実をとくに当時の書籍や証言から検証する姿は歴史をきちんと学ぶという姿勢を教えてくれる。歴史とは所詮解釈だから、そこには事実とは異なるフィクションを伴う。むしろ司馬遼太郎や大河ドラマのようにフィクションとして再現する方が説得力を持つからと言って、それと事実を混同しない姿勢が大切だ。明治維新は勝ち取ったというより自ら幕府が潰れたとか、日露戦争に至った経緯は物語よりつまらなくてもきちんと押さえておきたい。売れるためだけに罹れた歴史書もどきに騙されないために。

  • イグアナの会 事務局長 さん

    歴史は「問いを立てながら学ぶ」ものらしいです。僕が明治史で問いを立てるとすれば、、、「民衆の国民意識は、どのようにして形成されたのか?」「維新前後で、民衆の天皇への意識は変わったのか?」「なぜ、神仏分離に大きな反対が出なかったのか?」「なぜ明治政府に権力集中できたのか?」「なぜ、民衆から集められた日本軍は強かったのか?」なとなどを考えました。。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品