王道の狗 4 中公文庫コミック版

安彦良和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122060593
ISBN 10 : 4122060591
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
314p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ウチケン さん

    「日清戦争は川上操六の作品。」と言ったのは半藤一利さん。安彦良和に言わせたら「睦奥宗光とのお二人の共同作業によって産み落とされたもの。」言うでしょう。維新の功労者と言われる人達が、明治以後の日本の進路を正しく舵取りしたのかと考えると、色々思うところがよぎってくる。最終巻の内容は濃すぎて詰め込みすぎの感があり、せめて5巻まで延ばして欲しかった。この先の時代は『天の血脈』へと流れていくが、『虹色のトロツキー』とは時代が空きすぎる。辛亥革命〜満州事変あたりまで描いてくれたら全部繋がるのになぁ。

  • トーヘン さん

    終わらせ方は急だった感はあるが、このような終わり方しかないいんだろうと思えるような内容だった。良いマンガでした。

  • さとうしん さん

    若き日の内田良平、そして革命家となった孫文と宮崎滔天が登場し、現在連載中の『天の血脈』と話が繋がった。風間と陸奥宗光の対話を見てると、本作が安彦流の『坂の上の雲』なのかなと思った次第。その安彦版『坂の上の雲』と安彦版『古事記』が結びついた『天の血脈』がどうなっていくのか、期待半分不安半分です…

  • でろり〜ん さん

    巻末のあとがきに、作者は満足そうな文言を連ねているけれど、ホントはどうなんだろう。連載誌の都合もあるだろうし、作者の体力というのも単純だけれど大きな要素になっているだろうから、こういうペースで終わらせるつもりだったのかどうか。登場人物の台詞にはしてあるが、要するに説明が多い。理屈で説明されてもマンガ鑑賞する側としては感情に響くものが薄い。主人公がハジケルような物語は、作者が嫌悪するところかもしれないが、説明されて引き下がるシーンが複数回あるのが残念。でもまあ、いろいろ考えさせられましたです。

  • はと さん

    やあ黒竜会の人だ! というのはさておき、たった五年でずいぶん変わったんだなあと。とは言え変わらぬものもあり、玉座を求めたハムレットは眠りを殺し、王道を求めた青年は闇の中に自らの半身を殺した。キレイは汚い、汚いはキレイ。延次君はこの後どうしたかな。1巻と4巻の政治事情はだいぶ読み飛ばしたので、要再読。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安彦良和

1947年北海道生まれ。66年弘前大学入学、学生運動の結果、除籍。上京後、アニメーターとなり「機動戦士ガンダム」「巨神ゴーグ」を生み出し、のちに漫画家に転身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品