定家百首・雪月花 講談社文芸文庫

塚本邦雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061984578
ISBN 10 : 4061984578
フォーマット
出版社
発行年月
2006年10月
日本
追加情報
:
16cm,287p

内容詳細

戦後、リアリズム至上の伝統歌壇に激震を起した前衛歌人の中でも歌と詩論両輪の異才で光芒を放つカリスマ塚本邦雄。非在の境に虚の美を幻視する塚本は自らの詩的血脈を遡行、心灼かれた唯一の存在として宿敵・藤原定家を見出す。選び抜いた秀歌百首に逐語訳を排した散文詞と評釈を対置、言葉を刃に真剣勝負を挑む「定家百首」に加え、『雪月花』から藤原良経の項を抄録。塚本邦雄の真髄を表す二評論。

目次 : 帝家百首―良夜爛漫/ 雪月花―絶唱交響(抄)

【著者紹介】
塚本邦雄 : 1920・8・7〜2005・6・9。歌人、評論家、小説家。滋賀県生まれ。歌誌「日本歌人」(前川佐美雄主宰)に入会。1951年、『水葬物語』で歌壇に登場。60年、岡井隆、寺山修司等と「極」を創刊。85年、歌誌「玲瓏」主宰。反リアリズムの前衛短歌の雄として精力的に活動。『日本人靈歌』で現代歌人協会賞、『詩歌變』で詩歌文学館賞、『不變律』で迢空賞、『黄金律』で斎藤茂吉短歌文学賞、『魔王』で現代短歌大賞を各々受賞。97年、勲四等旭日小綬章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    無人島に1冊だけ本を携えて行くならば…実に難しい問いなのだが、これを選ぶかもしれない。少なくても最有力候補の1冊である。人麻呂歌の雄渾、あるいは石見挽歌の慟哭もわからないではないが、歌はやはり定家に極まる。妖艶、繊細さを突き抜けた抒情、無限の彼方を指向する象徴性、有心。塚本邦雄の鑑賞文も、歌詠みならではの、しかも当代第1流の解釈者としてのそれである。あらためて、新古今の、そして定家の到達した歌としての境地の高さを思う。「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」に見られる「非在の美」。

  • yumiha さん

    旧字にも文語にも慣れてきつつあるようで、案外すっと読めた。それでも縁語や懸詞、また今は使われていない古語などは、塚本邦雄の道案内がなければ、とても辿り着けなかっただろうと思う。だが、だんだんと定家や塚本の美学や技術的手法に飽きてくる。持って回ったようなレトリックと思ってしまう。私とは響き合わない。そして、『雪月花』の藤原良経の歌の方が、好ましく思えてきた。

  • 双海(ふたみ) さん

    定家は、もうちょっと食傷気味・・・(笑) 嫌いではないけれど、万葉の時代が恋しくなる。

  • 内藤銀ねず さん

    「前衛短歌の旗手」だった塚本邦雄が定家の歌を語り尽くした本。単行本では定家論が付されていましたが、この文庫ではカット。代わりに藤原良経の歌を論じた『雪月花』を抄録。「現代の定家」と呼ばれた歌人は塚本以外にもいるのですが(春日井建は三島由紀夫からそう呼ばれてます)、塚本本人は良経にこそ思い入れがあったみたい。定家に対しては近親に相対するような愛憎の眼差し。ところで塚本邦雄の古典本は他にも多数ありますが、国文学科の卒論やレポートに参考文献として記載すると容赦なく最低評価を付ける教授が多いそうですよ。なぜ⁉︎

  • もち さん

    歌に対する感覚の鋭さに感嘆し、自分のセンスのなさを改めて知らされた。何度も読んで、この感覚に少しでも近づければと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

塚本邦雄

1920・8・7〜2005・6・9。歌人、評論家、小説家。滋賀県生まれ。歌誌「日本歌人」(前川佐美雄主宰)に入会。1951年、『水葬物語』で歌壇に登場。60年、岡井隆、寺山修司等と「極」を創刊。85年、歌誌「玲瓏」主宰。反リアリズムの前衛短歌の雄として精力的に活動。『日本人靈歌』で現代歌人協会賞、『

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品