論より譲歩 文春文庫

土屋賢二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167588175
ISBN 10 : 416758817X
フォーマット
出版社
発行年月
2012年08月
日本
追加情報
:
214p 15cm(A6)

内容詳細

問答無用!論理も通用しない悪質な相手に立ち向かう武器は笑いと譲歩だけ。追いつめられたツチヤ教授が繰り出す奇策の数々。「妻は夫をどう思っているか」「被害を未然に防ぐ方法」「人生は無意味か」「女が発言するとき」など、譲歩につぐ譲歩、ゴマカシにつぐゴマカシの果てに達した捨身のユーモア・エッセイ集。

目次 : 暗の章(最前の悩み方/ なぜ口下手か―生物学的理由 ほか)/ 雲の章(あなたは非常に運がいい…かもしれない/ 教育者の宿命 ほか)/ 低の章(中高年の女が恐れるもの/ 理解できない女 ほか)/ 迷の章(カユくてコワい夏/ 人生は無意味か ほか)

【著者紹介】
土屋賢二 : 1944年岡山県生まれ。現在、お茶の水女子大名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
「教授の異常な弁解」が面白かったので、こ...

投稿日:2012/12/17 (月)

「教授の異常な弁解」が面白かったので、こちらもすぐに読みました。偉大なる奥様や、敬意を払われるべきである学生たちに、ズバズバと一刀両断される教授がおかしいです。気楽に笑いたいときにどうぞ。

peko-rock さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • モリー さん

    全国に潜む恐妻家たちの同情と共感を誘う土屋賢二先生の至言、そして私も尊崇してやまないツチヤ師の迷言の数々が詰まっています。定価542円+税にて購入できるのに買わない手があるでしょうか?森山直太朗さんの解説も最高でした。

  • かんらんしゃ🎡 さん

    著者のスタンスは自嘲と減らず口。弱いと見せかけて屁理屈で攻撃してくる。あなたチキンなの?やる気なの?それとも戦うチキン、闘鶏シャモみたいな人生観なの? 哲学者だけに事の掘り下げは深い。深そうには見える。でも自然の摂理も人の情も彼にとっては話をオトす前フリでしかない。読んでる間ずっと笑っていたぞ。

  • 優希 さん

    脱力系で笑わせて頂きました。論理が通用しない相手にはただひたすら笑いと譲歩で対応するのがおかしすぎます。追い詰められたときに繰り出す奇策はただひたすら譲歩とゴマカシという捨て身にニヤリとさせられました。ぼんやり読みたいけれど笑いを求める時に最適なユーモアエッセイですね。

  • 魚京童! さん

    医者をバカにするのは化学者、化学者をバカにするのは物理学者、物理学者をバカにするのは数学者、数学者をバカにするのは哲学者らしいですよ。哲学者のわたしをばかにする者はいっぱいいます。

  • katsubek さん

    筆者の思いが軽妙な文章の中に隠れている。合う、合わないを問われたら、あまり合わないかなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

土屋賢二

1944年岡山県生まれ。お茶の水女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品