疎外感の精神病理 集英社新書

和田秀樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087212822
ISBN 10 : 4087212823
フォーマット
出版社
発行年月
2023年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;18

内容詳細

世界を襲ったコロナ禍により、さまざまな形で私たちの心のありようは変わったと言える。他人と接触することがはばかられた時間を経て、他人との交流が増えたいま、人とうまくつながれず表面的な関わりしか持てなくなってしまった人や「みんなと同じ」からはずれる恐怖を感じる人は実に多い。これは若い人だけの問題ではなく中高年でも多く見られる現象でもある。本書では日本人を蝕む「疎外感」という病理を心理学的、精神医学的に考察。どう対応すれば心の健康につながるのかを提案する。

目次 : 第1章 日本人を蝕む「疎外感」という病理/ 第2章 コロナ禍と疎外感/ 第3章 疎外感恐怖の現象学/ 第4章 引きこもりという病理/ 第5章 超高齢社会と疎外感/ 第6章 トラウマと疎外感/ 第7章 依存症と疎外感/ 第8章 学校の疎外感と疎外感恐怖/ 第9章 多数派の絶対正義と疎外感―『嫌われる勇気』再考/ 第10章 疎外感とカルト型宗教/ 第11章 シゾフレ人間と疎外感/ 第12章 疎外感に精神医学は何ができるか

【著者紹介】
和田秀樹 : 1960年大阪府生まれ。1985年東京大学医学部卒業。精神科医。立命館大学生命科学部特任教授、ルネクリニック東京院院長。三〇年以上にわたり高齢者医療の現場に携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

和田秀樹

精神科医。1960年大阪市生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て、現在、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部・東京医科歯科大学非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック院長、立命館大学生命科学部特任教授。代表を務める「

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品