受験学力 集英社新書

和田秀樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208757
ISBN 10 : 4087208753
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;18

内容詳細

二〇二〇年度から大学入試が変わる。中央教育審議会の答申によると、センター試験は廃止され新テストを導入。すべての国立大学の入試が実質AO入試化される。しかし「従来型の受験学力」を否定し「新しい学力」を求めるこの改革は、格差のさらなる拡大の危険や子供のメンタルヘルスに悪影響をもたらす可能性が非常に高い。そもそも政府が否定する「従来型の学力」は本当に“悪”なのか。子供が受験勉強で身につけるべき能力、これからの時代に必要な力とは何か。精神科医であり、また長きにわたり教育産業に従事してきた視点から多角的かつ詳細に論じる。

目次 : 第1章 2020年入試改革と受験学力(2020年度から入試がどう変わるのか(センター試験)/ 2020年度から入試がどう変わるのか(二次試験) ほか)/ 第2章 受験テクニック再考(受験テクニックを知らない地方秀才たち/ 受験テクニックで合格した受験生たちのその後 ほか)/ 第3章 学力と日本の教育について考える(真の学力とは何か/ 普通教育の意味 ほか)/ 第4章 受験勉強でどんな能力が身につくのか(コンテンツ学力とノウハウ学力/ 記憶力を高め、知識を身につける ほか)/ 第5章 受験学力格差はなぜ起こるのか(学力「素質」論の背景/ 親がどう関わりどう影響するか)

【著者紹介】
和田秀樹 : 1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カッパ さん

    【◯】私は受験は失敗組なのです。しかし、中学受験で培った方法は人生のあらゆるとろこで役立ちました。広く浅くや、基本的なものは取りこぼさないなどです。 でもどこか甘くてぎりぎり勝負なとこあります。これで失敗してるので気を引き締めないとですね。

  • ネクロス さん

    今度の学習指導要領の改訂によりどのような学力感が生まれるか。従来式(もしくはもっと競争の激しかった時代)の受験が底上げの品質担保としてどのように機能したか。

  • てながあしなが さん

    週刊新潮にて紹介があったので読んでみた。著者は入試改革に反対で、現行の制度のメリットを説く。曰く、明確な採点基準のあるテストに対して頭を使って点数を上げようとしたり、達成すべき目標に対して自分がどう行動すべきかを分析する能力は、将来的に役に立つ、とのこと。自分も入試はガムシャラに勉強するのではなく、むしろどうやったらラクできるかというのを考えるのに余念がなかったような人間なので、同意できた。著者ほどではないが、考えは近いのかなぁと。(実際、塾講師になろうとしてた時期もあったし笑)

  • iiiともろー さん

    今回の改革についての著者の批判には同意できる部分が多い。

  • 今Chan さん

    新しい学力観が横行する中、旧来の受験勉強から得るものも多かったとする論文。「受験」という形容がつくと、どうしても学問の技術論や効果論になってしまう。「学ぶ」ということの本質は今も昔も変わらないと思う自分は、きっと時代遅れなのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

和田秀樹

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て、国際医療福祉大学教授、川崎幸病院精神科顧問、和田秀樹こころと体のクリニック院長、「I&Cキッズスクール」理事長。27歳の時に執筆した『受験は要領』(ごま書房)がベ

プロフィール詳細へ

和田秀樹に関連するトピックス

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品